テーマ:彩雲

彩雲夜戦(20㍉×2バージョン)

皆様こんにちわ。毎度ご覧いただきありがとうございます。前回「次は単座」と抜かしてましたが、久々302空をやりたくなったので、今回は「彩雲夜戦」でございます。このキットは数年前に知人から譲って貰い、すぐにでも作る積りだったのですが、つい延び延びになってしまい、今回の「お題」となりました。 それでは、早速制作に移りましょう。通例通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成しました 彩雲その⑥

先日更新したばかりですが、連休を利用し、一気に彩雲を完成させました。 例によって、剥げチョロだらけの戦後の厚木基地仕様みたいですが、一応「現用」を主眼としました。しかしどうしても廃機に見えてしまうのは何故でしょう? 一応今回は機体内部にも手をそれなりに入れましたので、良く見えるように図々しくも(笑)風防全開としましたが、これ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

剥げチョロチョロリ 彩雲その⑤

日本列島が寒波に包まれておりますここ数日ですが皆様お元気でしょうか? さて、彩雲の続きでございます。機体のサフ吹き乾燥待ちの間にスピナを塗りました。実際はツヤの無い銀かと思われますが、模型的アクセント?にクロム仕上げとしてみました。この辺りは評価が分かれるところでしょうね。まあ、私はどっちでもいいです(・∀・) 次は脚部で…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

彩雲 その④ 謹賀新年

皆様、遅ればせながら、明けましておめでとうございます。私は10年以上振りに元旦休みをいただけまして、模型三昧と行きたかったところですが、妻帯者の宿命か、家族サービスの元旦でした。ま、ノンビリは出来ましたけどね。 さて、年末以来殆ど進まぬ彩雲ですが、とりあえずエンジンを組みました。しかし何度作っても、この「誉発動機」、18気筒でプラ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

彩雲 その③ 更に合いが悪いゾ

先日コクピット下部をガリガリ削った彩雲でありますが、やっぱり合いが悪いです。フィレット部にどうしても隙間が出来てしまいます。 で、上面と下面の接合部、そして主翼とフィレットの間にも・・・ 仕方ないので黒瞬着で隙間を埋めまして、コレを整形いたします。ああ、メンドクサイ(笑) 削った時に消えてしまったモールドも新たに掘…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

彩雲 その② 合いが悪いゾ

年末の仕事の間を見ながら進めております彩雲ですが、中々コクピットが出来ません。やはり多座機はそれなりに手間がかかります。 一応三座席とも手を加えてこんな感じとなりましたが、付け加えた配線類をどこに、どう処理するかが頭痛の種であります。 なにしろ機体内部の資料、特に後部座席の資料が乏しいので、ほぼ想像のでっち上げですが、まあ、…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

彩雲 始めました。

次回は海軍機と予告していた通り、今度は海軍機です。機名は「彩雲」戦闘機とは違って、地味な偵察機ですが、或るプロジェクトのために脇役からスタートです。 機体はキットのデカールには無い機番、302空仕様で行きますのでジャンクデカールから適当なものを持ってきました。 それでは椅子から作りましょう。まずは操縦席。肘掛がモールドされて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「試製・彩雲」終わりました

「梅雨はどっかに行っちゃったのでしょうか?」という夏空が広がる今日この頃ですが、それにしても暑いです。しかも蒸しますのでタマランのであります。私が子供の頃、こんなに暑かったっけ?などと考えながら「試製・彩雲」でけました。 レジンパーツの修正や苦手な銀塗装、そして塗装時の湿気などに悩まされましたが、何とか形になりました。ホントは箱絵…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

どの銀にするか???

え~、レジンパーツの摺り合わせなども何とか終わりまして、いよいよ苦手な単色塗装、しかも銀塗装です。 今回の彩雲はどの銀を使うか暫し考えてみました。 写真の左から「SM01スーパーファインシルバー」「SM06クロームシルバー」の高級品(笑)二品、そしてフツーの8番の「銀」そして「メタルカラー」のアルミです。とりえず「メタルカラー」…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ちょっと強敵(笑)

箱絵に釣られて買った彩雲ですが、ハセガワのキットにしては中々の強敵であります。 前回の写真と前後しますが、工作箇所が結構多いです。まず、レジンパーツと合わせるために機首の切り離しが必要となります。エッチングノコでビビリながら切り離しました。 次に機体側面の偵察窓を設けるために窓枠を切り抜きます。一応切り抜くべきところには薄く線が…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

箱絵にシビレル

以前ある模型屋サンにナニゲに入って棚を物色していました所、このキットを見つけました。ボックスアートがあまりにカッチョイー!でしたので箱を取るなりレジへ直行しましたが、3800円というお値段にてひっくり返りそうになりました。たまたま財布に余裕があったので事なきを得ましたが、普段ヒッピーみたいな暮らしをしている私にとりましては危うく「出直し…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more