A2N3 九〇式艦上戦闘機三型 (A.B&K HOBBY KITS)

みなさまこんにちは。新型コロナウィルス(武漢肺炎)が世界中を覆う中、いかがお過ごしでしょうか?これのお陰で世の中の在り方が大きく変わろうとしています。そんな中でも私はプラモ作ります。こんな時はインドア趣味はありがたいですね。
DSCN4033.JPG
近況ですが、この4月より3年間の単身赴任生活も終了し、熊本帰任となりました。やりたい放題の赴任生活は何かとお気楽ではありましたが、やはり地元はイイですね。何と言っても食事のメニューで悩む必要がありません。コンビニ弁当食わずに済みます(笑)。

さて、帰任第一作です。先般ウクライナは「A.B&K HOBBY KITS」というメーカーから発売された、九〇式艦戦でございます。元々はレジンのアフターパーツメーカーみたいで、インジェクションキットはお初とか・・・。よくまぁこんなもん出したなって気がしますが、日の丸ファンには嬉しいですね。国内メーカーからは、ヨンパチでは絶対出そうにもない機種なので、ありがたい事ではあります。しかし問題はその価格設定。何と8,000円強也であります。こんなマイナーな機体、日本人以外は買いそうにないので、完全に足元見られてる気がします。国産だったら、高くて4,000円くらいでありましょう。ウィングジーといい、このメーカーといい、日の丸贔屓はありがたいですが、価格はも少しどうにかして欲しいものでありますね。
DSCN3931.JPG
それでは早速製作です。第一印象は・・・「小っさ」て事でありました(笑)。この規模で8,000円は高すぎますねぇ。ただ、簡易インジェクションの部類ではありましょうけど、パーツの嵌合性は悪くありません。あちこちキチンと合いますです。組んだコクピットが胴体に収まらない、という洗礼は受けましたが、充分合格点です。
DSCN3924.JPG
銃身放熱孔?のスリット部はそのままだとちょっと見た目がダルいので、一応開口しておきました。
DSCN3935.JPG
上翼を置いてみて、全体のイメージを掴みます。やはり小さいですねぇ。
DSCN3938.JPG
発動機付けるとこんな感じです。嫁から「こんな時期にコロナウィルス作ってんじゃねーよ」と言われました。なるほど、似てますね。プラグコードは別途這わせておりますが、実機写真を見ると、取り回しに特徴が有るので、注意が必要です。
DSCN3973.JPG
DSCN3980 (1).JPG
これで概ねのパーツが組みあがりました。さしたる修正箇所も無く、中々出来の良いキットです。ネックは値段ですね←しつこい(・∀・)
DSCN3981.JPG
複葉機ゆえ、各支柱とかあるので、これも前処理をしておきます。あとは張り線作業あるのですが、根元のヒートンもここで作っておきました。
DSCN3982.JPG
DSCN3984.JPG
材料はリード線をほぐした、中身の銅線です。つまんでクルクルねじってと、簡単に幾らでもできますね。
DSCN3985.JPG
今回は、通常後回しにするペラも先に塗りました。張り線作業で神経をすり減らすだろうと思い、できることは前倒しでやっておきます。
DSCN3989.JPG
DSCN3993.JPG
ピトー管はパーツ化されてなかったので、自作してみましたが、明らかにオーバースケールでした。
DSCN3999.JPG
それではいよいよ塗装です
DSCN4001.JPG
ここらはいつもと変わりありません。白サフ吹いて、様子を見ます。
DSCN4002.JPG
主翼上の「ニ-101」と赤タスキは、デカールもありますがシルバリングが怖いので、塗装としました。
DSCN4004.JPG
赤い尻尾の保安塗装以外は、全面銀となりますが、羽布張り部分と金属パネル部ではトーンが違うと思い、塗り分けました。結構な手間ではあります。
DSCN4010.JPG
これにて基本塗装とデカール貼り終了です。銀が光りすぎてるので、これはトーンを落とします。
DSCN4011.JPG
今回は先日買った、ガイアのフッ素入りというセミグロスクリアーを使ってみました。乳白色の液体にて、「こんなん吹いて大丈夫かいな?」と思いましたが、結果としては、キメの細かいしっとりとした塗膜を得ることが出来ました。でもちょっと、セミグロスとは言え、つや消し度が強くはありますね。磨いてもツヤは復活せず、今後の課題となりました。
DSCN4013.JPG
それではこれより、慣れない作業の張り線工程です。所属クラブの複葉機マイスターの方から、張り方を習って事にあたります。まずは張り線の切り出しからです。
DSCN4012.JPG
黒色の結構厚手なビニール袋を使用し、0.25ミリ厚のカッターを2枚重ねし切り出します。この機体の張り線は平線なので、習ったこの方法が非常に役に立ちました。太い所は0.45ミリ、細い所は0.25ミリ幅の線です。
DSCN4016.JPG
各部付け根に、先に作っておいたヒートンを埋め込み、張り線を付けていきます。これが中々難行苦行でありまして、正直リベット打ってた方が楽でございました。
DSCN4022.JPG
上翼を仮置きし、棟上げ後の様子を確認します。翼の支柱への接着、そして張り線・・・。中々ハードルが高くございますね。
DSCN4024 (2).JPG
えっちらおっちら張って行きますが、慣れない作業ゆえ、途中でねじれたり、切れたりと「ウキー!」となりながら、延べ16時間。何とか張ることが出来ました。付根の処理とかがマズイ事になってますが、根性の糸が切れまして、ここらで妥協です。
DSCN4027.JPG
DSCN4029.JPG
それでは最後に脚周りとか、他艤装品を取り付けまして、無事完成となりました。張り線苦行以外は、細かなディティール等は置いといて、国産インジェクションにも引けを取らない、組みやすいキットではありました。
DSCN4038.JPG
DSCN4040.JPGDSCN4044.JPG
九〇艦戦、古くはファインモールドのナナニのキットがありますが、まさかヨンパチインジェクションでこれが出るとは思いませなんだ。良い時代になったものではありますね。すごいぞウクライナ!(笑)。
DSCN4034.JPG
DSCN4046.JPG
やはりもう少しツヤが欲しかったですね。この部分は失敗です。
DSCN4049.JPG
DSCN4051.JPG
それにしても慣れない複葉機、結構芯が疲れました。連休いっぱいかかると踏んでましたが、想定よりは早い進空となりました。あと3日、ヒマだな・・・・(笑)。
DSCN4056.JPG
九〇艦戦、初めてのエンジンから機体まで日本人設計による純国産機です。同時期のボーイングに似てるとは言え、記念すべき機体ではありますね。
DSCN4059.JPG
それでは今回はこれでおしまいです。お付き合い、ありがとうございました。











5/4 追記。張り線制作法です。

平線の太いのと細いのが居るので、カッターの刃を二種用意します。今回使ったのは0.45ミリ幅と0.25ミリ幅の物です。
DSCN4078.JPG
DSCN4080.JPG
これを2枚重ね合わせ、ネジとテープ等で刃がぶれない様に固定します。これで切り出せば理論的にはカッターの刃の幅の平線が切り出せます。
DSCN4081.JPG
作業には多少の慣れが必要ですが、数度繰り返すと力加減とか刃の立て方が解ってきます。
DSCN4082.JPG
ご覧のように、平線状の張り線素材が切り出せました。素材は厚手の黒ビニール袋が良い様です。

"A2N3 九〇式艦上戦闘機三型 (A.B&K HOBBY KITS)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント