A6M3 零戦三二型 204空 ラバウル応急迷彩パート3

皆様こんにちわ。相変わらずのご無沙汰ぶりにて失礼しますm(_ _)m
画像

さて、今回は、一年ぶりに零戦作ります。204空の三二型ですね。去年の年の初めも零戦でしたので、ま、年の初めは零戦で、ってトコでしょうか。今回のキモは、箱絵の様な「ムラだらけのベタ塗り迷彩」を、どう表現するか?という事でしょうか。出来るかな?(笑)
画像

それでは製作です。これまでハセ零戦は何度も作ってるので、途中行程は端折ります。コクピットの最低限のデッチアップと、あとは写経くらいですね。
画像

コクピットは・・・・下手くそですね、はい(苦笑)
画像

写経もテキトー・・・・あちこちに破綻の跡が見て取れます。
画像

画像

さて、あちこち手を抜いてるので、あっという間に塗装準備が出来ました。
画像

画像

まずは日の丸の白縁部分をマスキングしてから、主翼前縁の「味方識別帯」から塗って行きます。それから日の丸の赤、という順番ですね。
画像

小物も塗装の準備をしておきます。順序建てて塗っていけば、手間も半減致します。
画像

全体のベース色となる35番「明灰白色」を全体に吹きます。これから下面をマスキングし、上面塗装となりますが、あえて塗りムラを表現したベタ塗り、となると、結構ハードル高そうな気がします。
画像

ペラを塗装しました。私の好みの米軍機みたいなクロム仕上げです。ここら辺は完全に考証無視してます(笑)ま、アクセントという事で・・・・・(汗)
画像

上面色を塗ってみました。「ムラだらけのベタ塗り」・・・・。こんな感じですかね?フツーにベタ塗りする時は、ムラが出て、嫌になったりするのですけど、あえて「塗りムラを表現する」ってのは、結構難しいです。中々イメージ通りにはなってくれません。メンドーなのでこのまま行っちゃう事に致しました。
画像

それでは色々手ぇ抜いて、仕上げへとかかります。で、ここで問題発生。日の丸の白縁、手順間違えて消しちゃいました(滝汗)ホントはハッキリとした白縁が付くんですよね、これ。参ったなぁ・・・と思いますが、思うだけでリカバリする気にゃなりません。ズボラなの(・∀・) うっすらと縁が残ってるので、ま、いっか・・・と、毎度ながらのテキトーさです。
画像

と、いう訳で完成でございます。ムラムラのベタ塗り感は出てますかねぇ・・・・?ただの小汚い仕上げだけにしかに見えないこともありません。ここら辺の調整は難しいです。更なる精進が必要ですね。
画像

画像

以前は三二型というと、えらく不評だった様ですが、最近ではその評価も変わって来てる様ですね。でも、やはり矩形の翼端には違和感を覚えます。何かバランスが悪いんですよね。
画像

画像

画像

画像

数年前から、カルビ網焼き(笑)で始めたラバウル応急迷彩シリーズも、一応これにて完了です。
画像

画像

画像

それでは、今回はこれにて終了でございます。お付き合い、ありがとうございましたm(_ _)m
画像

"A6M3 零戦三二型 204空 ラバウル応急迷彩パート3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント