C5M2 九八式陸上偵察機 一二型

皆様こんにちわ。まったくもって今年は(も?)滅茶苦茶暑いですねぇ。こちらをご覧の皆様も、体調などお崩しになられぬ様、お気を付け下さいませ。
画像

さて、今回は先般ファインモールドより新発売となった「九八陸偵」を作ります。しかしまぁ、良くもまぁこんな地味な機体を出したもんだと感心するやら呆れるやら・・・・。流石はファインモールド、と言ったトコロですが、こんなもん出して商売になるのかいな?と余計なお世話ながら心配になってしまいます。ただ、そのパーツ割を見ますと、バリエーションで、これよりは有名な陸軍の「九七司偵」、そして最終的にはデカール替えで、かの有名な「神風号」も出るんじゃないかと期待してしまいますね。その日が来ることを待ちましょう。
画像

それでは早速作りましょう。コクピットのパーツ構成は、最近のファインモールド・スタンダードな「鳥かご式?」です。特に何もしなくても、結構良い物が出来上がります。
画像

エンジンパーツも大変良く出来ており、プラグコードを別途生やしたくらいで、後は何もしてません。零戦と同じ「栄」ですが、吸気管・排気管も別パーツとなっており、メーカーの良心を感じます。ただ、カウリング内に入れちゃうと、前面以外はほぼ何も見えなくなりますけどね・・・・。
画像

ここらでちょいと、全体像を見てみます。う~ん・・・想定通りというべきか、あまりカッチョ良くありません(・∀・)。何か垢抜けしてないスタイリングじゃないかと・・・・。ま、個人の好みの問題だとは思いますが。
画像

さて、今回も写経タイムがやって来ました(笑)。九八陸偵の写経図面なんて見た事無いので、「精密図面を読む3」に載ってる九七司偵の図面を参考に打ちます。
画像

カウリング周囲以外はほぼ同じと思われますので、多分大丈夫でしょう。違ってたらゴメンナサイです。
画像

閑話休題。福岡に転勤になって、やがて一年が経とうとしてますが、最近の社宅の様子をば・・・・。何故か増えていく「積みキット」と散らかり具合・・・・。段々「人間失格ゴミ屋敷化」していってる様な気が・・・。まぁ、知人の談によりますと「床面が見えてるうちはまだ大丈夫(・∀・)」という事でありまして、今度嫁さんが来るまでに片付ければイイかと、そのままです(笑)。
画像

あとは最近買った本。世傑のスペシャルエディション「屠龍」でございます。お値段は少々張りますが、巻頭の初見のカラー写真が数枚。これだけでも十分な価値がありますね。中身の監修もその信頼度では抜群の渡辺洋二センセですので、それはもう読み応えが抜群にあります。良本ではありました。
画像

無事写経が完了したら、も一度仮組みし、全体像を把握します。やっぱあんまりカッチョ良くありません(´・ω・`) 。
画像


これより塗装です。とは言っても、全面灰色の地味~な塗色なので、特にお話する事もございません。簡単に塗れます。
画像

ただ一点だけ、灰色一色だとかなりノッペリなりますので、グレートーンをムラに吹いて多少表情を付けております。
画像

それでは毎度お馴染み、完成画像の羅列で終了です。お付き合いありがとうございました♪
画像

画像

やはりどこか垢抜けしないスタイリングでありまして、いやはや何ともではあります。次に出るであろうタウネンドカウルが付いた陸さんの「九七司偵」が楽しみですね。
画像

画像

画像

画像

画像

そう言えば、昨日今日と、朝夕は涼しい風が吹いておりまして、空気が一気に入れ替わった気が気がしまして、このまま秋に・・・・・ならんだろうなぁ(笑)。

カンさんへ

文章では中々解り辛いので、私なりの海軍機用紫外線灯の作り方の写真を貼っておきます。ご参考にされて下さいませ。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

実物とは細かい形状が異なりますが、ヨンパチサイズなら多分誤魔化せますです。ちなみにエポパテの型を涙滴状などにして、透明ランナーで切り出せば、編隊灯とかも作れます。お試し下さいませ。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

はつたか
2018年08月20日 16:46
この「垢抜けない」スタイルも、また魅力的なのではないですかね?神風号、見栄え(?)がして良さそうですね。
oni
2018年08月20日 19:16
はつたかさん
こんにちわ。コメントありがとうございます♪。そうなんですよ。個人的感想ですが、これってどこか垢抜けないスタイリングなんですよね~。これがカウリングが旧式のタウネンドカウルになって、装束が神風号になったりすると俄然カッチョ良くなるのが不思議です(笑)。
SWORDSMAN
2018年08月22日 09:33
早くも師匠の新作!
というより、私が前回気が付くのが遅かったのですね。
九八式陸上偵察機。この1/48キットが発売されるとは、いやはやすごいですね。なんだかプラモデルブームなのかと勘違いしそうです。
独立後の初めての決算も終わり、今月中には大東亜決戦機を仕上げる覚悟で気合を入れなおしております。
積みあがる罪キットのため、とうとうトランクルームに手を出してしまいました。経費なので許される技ですが…

6月にハワイで骨休めをしてまいりまして、太平洋航空博物館を見学してきました。レストア中の九七艦攻などもあり、ONI様も楽しめるだろうなあと考えながら見学しておりました。ブログにまとめましたので、よろしければお時間のある時に。
http://zoomanddive.blogspot.com/2018/07/blog-post.html?m=0

残暑が厳しい折、ご自愛ください。
次回作も楽しみにしております。
oni
2018年08月22日 18:44
SWORDSMANさん
こんにちわ。コメントありがとうございます♪

ワイハーに行かれましたか・・・・。羨ましいですねぇ。私は相変わらずの福岡と熊本を行ったり来たりの生活が続いております。レストア中の九七艦攻、見てみたいですが、見れるとしても当分先になりそうです。

ブログを拝見。ご本業が順調そうで何よりです。決算を無事に終わられて良かったですね。まずは一安心と言ったところでしょうか。益々のご発展をお祈り致します。

さて、九八陸偵ですが、こんなモンが国産ヨンパチインジェクションで出るとは夢にも思っておりませんでした。流石ファインモールド!といった感じです。早速成仏させましたが、今後展開するであろう九七司偵が凄く楽しみです。
カン
2018年09月09日 10:30
はじめまして、カンと申します。いつも気になるのですが紫外線灯はどのようにして作っているのですか?
oni
2018年09月10日 20:18
カンさん
こんばんわ、初めまして。コメントありがとうございます。

紫外線灯とは、中々シブイ?所を突いて来られますね。さて、作り方ですが、エポパテに球状の型を取り乾燥させます(←一回作っておくと延々と使えます)。それをメス型にして、熱したランナーを突っ込んでランナーの先を球状にします。そしてそれをカッター等で半球状に切り出すと、簡単に出来ます。いくらでも複製可能ですよ。
カン
2018年09月10日 22:00
写真付きの解説ありがとうございます!参考にさせていただきます。
次回作も楽しみにしております。

この記事へのトラックバック