先が見えてきた

先日日の丸塗った震電のお話です。
画像

まずはセオリーどおり、下面色を塗ります。
画像

ほんでもって、上面色を吹きます。基本色を塗った後、それに白を混色した物を、ふんわりとムラに吹いて僅かにグラデーションをかけます。
画像

で、マスクを剥がしてこんな感じで基本の塗装は終了です。ただ、吹き零れなどが有りますので、ここは筆でタッチアップしておきます。
画像

それが終ったら、今度はパネルラインに沿って、薄くスモークを吹いてメリハリを出しておきます。やりすぎるとわざとらしくなりますので、解るか解らんか、程度のモンでいいと思います。
画像

次は機番のデカールを貼りまして、それが乾燥したら三分ツヤくらいのクリアーを全体にどかーと吹きます。その後、日の丸やデカールの段差を誤魔化すために、台所用の研磨スポンジ「激落ちクン」で全体を研ぎだします。やりすぎると下地が出ちゃうので、特にエッジ部などは程々にしておきましょう。
画像

さてさて、次はスミイレです。茶系のエナメルでスミイレ、というか、ほぼウォッシングに近いのですが、半乾きになったらティッシュでふき取って行きます。場所的に拭き取れない部分は綿棒にエナメルシンナーを付けて拭き取ります。
画像

ここで全体のイメージを見るために艤装品を仮付けしてみます。レーダーアンテナを付けてみましたが、何かアンバランスですねぇ。失敗だったかな?でも、取付けの孔を空けちゃったのでこのまま行きますか。
画像

次はキットではオミットされてる排気管です。真鍮パイプを潰して、それなりの形にしました。一応N原氏の図面(透視図)で位置と本数を確認しますが、イマイチ解りません。そういうわけで、当ブログの表題どおり、テキトーに付けました。
画像

結局スペースの都合上、片側5本づつしか付きません。「配置と本数が違うぞ」等という突っ込みはご遠慮いただければ幸いに存じます。
画像

後は小物と剥げチョロを軽くやれば目出度く完成となりますね。でも、最近本業が忙しくペースがダウンしております。次の回では何とか完成品をアップさせたいもんであります。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

きらら
2009年03月03日 08:50
わー、ド派手な震電ですねぇ~!!
排気管は頑張ってますねぇ・・・こういう工作、お好きなようですね。
私は基本塗装したあたりで止まってしまうことが多いのですが、oniさんはここからがいつも速いですね。一気にするからかな。
アンテナ・・・少し長いんとちゃいますか?(笑
ブラシ
2009年03月03日 18:24
こんばんわ!
相変わらず勝負が早いですねー!私もこのキットはいつか作ろうと一つ死蔵しておりますが、いつになることやら・・・。
話しは変わりますが、最近、大きいキットが作りたくてバンダイの紫電改を始めました。これが楽しくて、楽しくて!やっぱ、私って大工仕事が好きなんですねー。(笑)
oni
2009年03月03日 20:52
きららさん
地味な海軍機、少しでも派手にしようと思いアンテナなどを付けてみました。しかしコクピット内に受信機とスコープは有りません(笑)だってスペース一杯で付ける所が無いんだもん。

明日は休みで予定も無いので一気に進めたいと思います。まあ、完成までは無理でしょうけど。

>アンテナ、広角レンズで撮りましたので、余計前部が強調されるみたいです。でも、実際長いんですけどね(笑)ちなみに私のアレは短・・・以下自粛。
oni
2009年03月03日 20:57
ブラシさん
まずこのキットはスジボリのやり直しが一つの大きな山場です。ココを乗り越えれば後は合いも良いし、サクサクと行けますよ。ただ、コクピット内はかなりショボイのでそれなりの工作が必要だと感じました。

>バンダイの紫電改
また凄いものを始められましたね。私など手の及ぶ所ではありません。ディティールアップ、頑張って素晴らしい大きな紫電改を期待しております。

この記事へのトラックバック