迷彩を吹く(実機と全然違うゾ)

画像

銀塗装が終わりました、頭でっかちのTOJOさん、いよいよ迷彩塗装に入ります。カラー図面や箱絵、写真などを見ながら、フリーでとりあえず胴体半分だけ・・・。う~ん・・・何か違いますね(汗)この日はここでモチベーションが切れたので、とりあえずここまでと致しました。
画像

で、2日目です。この日は全体を蛇行迷彩で吹きました。使用したブラシはノズルがコンマ2、クレオスのプロコンボーイです。塗料は129の中島濃緑。これをかなりレべリングシンナーで薄め、更にリターダもも混ぜ、ノズルの詰まりに備えます。
画像

それでもやっぱり詰まるので、「うきー」となりながら、詰まってはノズルをシンナーで拭きを繰り返して全体に迷彩模様を吹きました。
画像

そんなこんなをやってるうち、ふと気付いた事が・・・・。迷彩パターンが実機とかけ離れておりますがな(笑)
画像

まあ、今更騒いでもどうにもならんので、このまま行っちゃう事に致しました。迷彩模様のボケ足も不揃いにて、ここは多少リカバリしましたが、あまり効果なし。
画像

これより三分ツヤぐらいのクリアを吹いて研ぎ出し、そしてスミイレ、排気やオイル漏れの汚れなどを行っていく予定です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あきみず
2008年11月25日 21:27
細かい迷彩をフリーハンドで吹くのは
大変でしょう そんなに違和感はないと
思いますが 筆塗り挑戦されてもいいのではないですか
oni
2008年11月25日 21:34
あきみずさん
何とかここまでノズルの詰まりに「うきー」となりながら吹きましたが、パターンが全然違ってるという結果となりました(汗)

筆塗りは敷居がどうにも高いので、未だ未挑戦であります。筆は苦手なんですよね~。

この記事へのトラックバック