新作開始

画像

先日変な色の(笑)零戦を仕上げ、次はテーマの「海で活躍した」をしようと思ってましたが、全然違う物を選びました。小池画伯の箱絵も素晴らしい鍾馗です。思いっきり「陸で活躍した」ですね。しかも85戦隊、中国大陸でありまして、全く海とは関係有りません(笑)この機体も在庫が溜まってきたので、その減らしにという事で・・・・。
画像

今回の製作は主翼からです。世間に知られている通り、上部エルロンのラインがキットでは間違っています。これを修正しなければなりません。嗚呼メンドーだ(笑)
画像

まずは正しいラインをペンでなぞって、そこに今は亡き「モデラーズ」のハイテクテープをガイド代わりに貼り付けます。そこをけがいて、Pカッターで新しくスジボリを作ります。
画像

次は元の間違ったラインを黒瞬着で埋めて削って仕上げます。この時、エルロンの操作桿が消えてしまいますが、これは後ほどエポパテとコンマ3位の真鍮線で再生します。
画像

画像

次はコクピットに入ります。まず、椅子ですが、これはエッジをシャープに加工し、軽め穴をモールド通りに開口すると見栄えが良いようです。
画像

そして室内に移りますが、丸メカのイラストや世傑を参考に作ってみました。
画像

ただし、不明な点も多く、かなりの部分が想像のでっち上げです(汗)
画像

画像

胴体部です。スリットや機銃のガス抜き孔は開口してみました。
画像

ただ、スリット部とガス抜き孔、共に実機は結構複雑な構造となってるようなので、裏から真鍮線やプラペーパーを切った貼ったして誤魔化しましたが、共にイマイチな出来となりました。
画像
画像

で、胴体を貼り合せ、本日はこれにて終了です。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

satoken
2008年11月11日 21:05
エルロンの修正工作、黒瞬着の削りやすさはどうでしたか、私は黒瞬着を硬化スプレーで固めて小刀で削った時に、プラに比べて削りにくい印象を受けました。
あきみず
2008年11月11日 21:43
コクピット細かい仕上がりでね スリットもきれいにあいてます シートを何かに
付けていますがこれは何か接着剤ですか
oni
2008年11月11日 21:57
satokenさん
エルロンの修正は、正直言えばメンドーです(笑)黒瞬着は他の瞬着に比べれば、私としては結構削りやすい印象が有ります。
oni
2008年11月11日 22:00
あきみずさん
こんばんわ。スリットは良く見ると、結構ガタガタだったりするのでお恥ずかしい限りです(汗)
シート下の青いのはクレオスから出てる「ペッタンゴム」というパーツ仮止め用の練り消しみたいなもんで、結構重宝しております。

この記事へのトラックバック