月光 ネタ無し

ここ暫く更新が滞っておりましたが、久々に何か書きます。といっても製作中の月光は、あまりにも出来が良いキットにて、ネタとなるべきモノが、な~んにもありません。パーツの精度、合いは「これでもか」というほどバッチシにて機体本体を組むにあたっては、要らん事を考えさえしなければ、スラスラスララと組みあがります。
画像

それでは塗装に入ります。機体自体は何の修正も無く、簡単に組みあがるのですが、塗装の段階に入ると、開口部が多く、マスクするのに手間がかかります。既に固定してしまった窓の内側などに塗料が吹き込むと、あとで「ふてえ目」にあいますので、念入りにマスクしておきます。
画像

↑のように白サフを吹きましたら、1500番のペーパーで表面を慣らし、味方識別帯の黄橙と日の丸のシャインレッドを吹き、そこをマスクします。白縁無しの日の丸なのでラクで良いです。
画像

次は暗緑(クレオスの15番)を全体に吹きますが、夜間迷彩?のため、基本色に黒を僅かに混色し、彩度をやや落としております。上下の塗り分けが無い、全面暗緑塗装のため、これまたラクでよろしいようで・・・(笑)
画像

このままでは、あまりにものっぺりとした感じなので、例によって褪色表現を行います。基本色に白を入れ、今度は彩度をあげたものを羽布のリブ部分やパネルの中心付近にムラになるように軽く吹きます。やりすぎるとわざとらしくなってしまいますので、なるべく薄く、というのがキモです。
画像

次は日の丸などのマスクを剥し、パネルラインに沿って、グレートーンを細吹きし、メリハリを出します。これもやりすぎないよう注意です。パネルラインへの細吹きが終わったら、同じ塗料を全体に軽く吹いて、トーンを整えます。
画像

そして最後に機番のデカールを貼り、乾燥したら半光沢のクリアーを全体に3回ほど吹いて、台所用研磨スポンジ「激落ちポイポイ」(笑)で水研ぎし、ざらついた表面を整えます。
画像

画像

次はスミイレです。ずべてタミヤのエナメルを薄~く溶いたものを使ってます。カウリングにはジャーマングレー、動翼にはフラットブラック、パネルラインには以前作った、レッドブラウンをベースに、黒やらグレーやらを混ぜた(具体的に何を混ぜたか忘れた)モノを各々流し込んで、乾燥したら拭き取って、もう一度研磨スポンジで水研ぎします。
画像
画像

最後に剥げチョロとなりますが、それは今からやりますです。今回は控えめにやりたいと思ってますが、どうなる事かはまだ不明です(笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック