日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS 蛇の目の失敗 「VICKERS VANGUARD」 BEA 英国欧州航空

<<   作成日時 : 2017/08/07 21:54  

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

画像

皆様こんにちわ。まったくもってお暑うございますね。そんな訳で「このクソ暑いのに写経なんかやってられるか」或いは「写経ばかりやってると、頭が変になるぞ」と、今回は旅客機です。拙ブログでは不人気ジャンルですね(笑)。
画像

キットはエアフィックスの赤箱にて、イラストもイイ線行ってますが、中身は半世紀前の代物にて、最近の出来の良い簡易インジェクションの方が気が効いているぞ・・・・というほどの、ダルなパーツ類です。
画像

実機については英国では数少ない、ベストセラー旅客機となった「バイカウント」の後継を狙って開発したものですが、思い切りコケまして(笑)、僅か40機少々の生産で打ち切られました。直後の「VC-10」も失敗に終わりまして、ビッカース社は大損こきました。そんな私の好きな「商業的に失敗する」英国旅客機です。最早ここまで来ると「知ってる方がどうかしてるんじゃないか?」と(笑)思える程のマイナー旅客機ですね。それでは製作です。
画像

窓の類はクリアパーツも付属してますが、今回はデカール処理とするので埋めてしまいます。
画像

あとは凸彫りを凹に修正しただけで、各翼後縁の分厚さななど気にせずに、さっさと組んで行きます。この手のキットは、あれこれ拘り出すと、完成しません(・∀・)
画像

画像

機体形状は、胴体に対して、不釣合いなほどに小さな主翼・・・。それに強力なターボプロップ4発で、パワーで機体を引っ張っていくって感じがします。あまり格好良いとは言えないかと・・・・。
画像

それでは塗装。今回は箱絵のBEA(英国欧州航空)でやるので、主翼の塗装はド派手な赤です。
画像

これで基本塗装は完了です。で、お次はデカール貼り。大判のデカール貼る時は神経使いますね。予備が無いので緊張します。
画像

前作「月光」とのツーショット。酷い構図ですね(笑)。日頃ドロドロの日の丸ばかり作ってると、たまにはこういうのに逃げたくなるんですよね。この気持ち、お解りいただけると幸いです。
画像

デカールを仕上げましたら、次にガイアのクリアをドン吹きし、研ぎ出し工程です。2000番のペーパーでの水研ぎから始めまして、4000番→タミヤの細目コンパウンド→仕上げ目コンパウンド→ハセのセラミックコンパウンド→コーティングポリマー・・・・・の順番で磨きます。
画像

これぐらいテカテカしてれば、ま、良いかな?・・・・と。勿論考証無視の好みの仕上げです。旅客機はツンツルテカテカが好きなんですよね。
画像

それでは台風5号の襲来と共に完成です。今回熊本は逸れてくれたので、正直助かりました。万一被害をお受けになった方がご覧でしたら、心よりお見舞い申し上げますm(_ _)m
画像

画像

やっぱ、この頃のBEAカラーは、実に小粋でお洒落です。センス有りますね。
画像

ダルなキットなので、塗装で誤魔化そうと目論むのですが、生憎腕がともなっておりません。ダルなモンはやっぱダルな仕上がりですねぇ。(´・ω・`)
画像

画像

それでは、今回はこの辺で・・・・。次は日の丸でお会い致しましょう(^^)
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
多忙にかまけて久しぶりにこちらを覗きましたら、またまた新作が!すごいペースですね。私のA-10はさっぱり進まないのですが。自宅一階をホームオフィスにしまして、隼や屠龍をディスプレイしていますが、やはり民間の仕事空間にはこうした機体が似合うでしょう。なので、一機作ってみようかとも思うのですが、不良在庫が多いのと塗料がない(笑)ので、躊躇してしまいます。個人的にはハワイアン航空のATR42あたりを作ってみたいのですが、そもそもキットがあるのかどうか。

一点質問です。凸モールドをスジボリへ掘りなおすコツなどあれば教えてください。タミヤA-10Aは古いキットのせいなのか、凸モールドが散見されて、掘り直しにちょっと苦戦しております。ヴァンガードではさすがい上手に処理されているので、よろしければ。

少し暑さはやわらぎましたが、相変わらずの湿度です。北のミサイルも発射されて何やら剣呑ではありますが、ご自愛ください。
Swordsman
2017/08/29 09:03
Swordsmanさん
こんばんわ。ご覧いただきありがとうございます。最近調子が良いのか?結構作れてます。

ホームオフィスとは良いですね。何と言っても通勤しなくて良いし・・・(笑)、というのは冗談で、自営は色々大変だと思います。ご無理をされされないように気を付けて下さいませ。オフィスだったら、やはり硝煙臭い軍用機より民間機が似合いますね。一つお作りになってみては如何でしょうか?ATR-42だったら、「F-RSIN」という、おフランスのメーカーから、簡易インジェクションで出てますよ。ただし物凄くアレなキットなので、作るには覚悟が要ります(笑)。

さて、質問の件ですが、凸彫りの修正は、まずは数をこなすことが一番だと思います。あとは、良い工具を使うことですね。BMCタガネとか、ホーリーとかがお勧めです。ただ、これを使っても上手くいかないことは多々ありまして「おっと、失敗した」と言うことは日常茶飯事です。正直「彫り直し」は避けて通りたいトコロですねぇ。

当地熊本でも朝晩は少しばかり過ごしやすくなりまして、真夏の終わりを感じております。

北のミサイル騒動は最早「面白がってやってるんじゃないか?」と思える有様にて、相変わらずの「厳重な抗議と遺憾の意」しか表せない日本国政府もなんだかな?って感じです。
oni
2017/08/30 20:01
Oni様
返信ありがとうございます。ホームオフィスとはいっても、残念ながら一人社長のフリーコンサルティング業がメインなので、お客様先に常駐しています。なので、相変わらず通勤しております。ホームオフィスは帰宅してからと休日の仕事スペースです。積みキット置き場とも(笑)

簡易インジェクションはまだまだ手に余るので、エアバスあたりで楽しく作ってみます。

ご回答ありがとうございます。やはり腕が伴わないとですね。凸モールドに沿ってスクレイパーを入れ、さらっていくのですが、これがなかなか失敗だらけで。精進します。

そうそう。Oni様も作っていたファインの彗星夜戦とHe219を購入してしまいました。A10が終わったら日本機に戻ろうと思い、チョイスしたのが難儀そうな彗星。Oni様のブログを参考にさせていただきます。

それでは!
Swordsman
2017/09/05 09:08
Swordsmanさん
こんばんわ。一人オフィスとは言え「よっ!シャチョー」(笑)ですね。私には真似出来ません。相当なお覚悟とがないと起業はできませんよね。全く畑違いな職業ですが、応援しております。今後の会社の発展を祈念しておりますよ。

筋ボリの彫り直しは、ある程度経験値を積んでもやはり結構難しく、ラインがあさっての方向に行ってしまう事は日常茶何時です。

ファインの彗星を購入されましたか。あれも中々難儀なキットで、あちこち合わず「出来の良い簡易インジェクション」って感じです。組むのには苦労しますが、中々良いプロポーションをしておりますので、オススメではありますね。あと、モールドは凹ですが、かなり浅い部分もありますので、その部分は一度さらっておくと良いでしょう。練習がてらにガンバであります。ちなみにリベットラインは図面を見ると、卒倒しそうになりますが、良き精神修養にはなりますです(笑)。
oni
2017/09/05 20:12
ご報告です。エアブラシを手に入れました。L7プラチナセットです。ついでにタミヤのペインティングブースも。
完全にこちらは初心者なのでセッティングしてから、まだ何もしていませんが。
また参考にさせていただきます。
Swordsman
2017/10/10 23:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
蛇の目の失敗 「VICKERS VANGUARD」 BEA 英国欧州航空 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる