日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS 零戦22型甲 ラバウル応急迷彩 パート2

<<   作成日時 : 2013/08/13 23:36   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

全くもって、お暑うございます何でも四国では40℃越えしたとか・・・・。タマランですな。当地の方々にはお見舞い申し上げます。
さて、今回は、昨年「零戦フルコンプリート」と抜かしておきながら、途中で飽きて(笑)一年放置されてた零戦シリーズの再開です。お題は「22型甲」。要は22型に長銃身の3号銃を付けただけのモノでございます。そう言えば、零戦で、最後に作ったのが、昨年の22型ラバウル応急塗装。
画像

↑殆ど「カルビ網焼き状態」となってしまい、自分でも「あれま」でございましたが、今回はアプローチを変えました。、と言っても、やはり「応急迷彩」でございます。
画像

まぁ、こんな感じで塗れたらいいな、というトコロでございます。それでは製作に移りましょう。
画像

毎度のパターンですが、まずはコクピットから・・・・。
画像

画像

前回の作が、一式陸攻ベティさんだったので、流石は単発単座。随分と楽が出来ます(笑)
画像

次は、これまたお決まりの「写経」です。前回のベティさんが、随分と大変だったので、何か物足りません。最早異常者でございます(・∀・)
画像

で、全体像。
画像

画像

あとは、エンジンにプラグコードの髭を生やして、次に備えます、と言っても、小物の製作や、塗装準備だけですけど・・・。
画像

画像

目標としては「現地工廠で、テキトーに上面暗緑、塗りやがったな」なのですが、コレを模型でやろうとすると、中々難易度が高くなります。下手打つと「何じゃ?こりゃ」になってしまうので、私の技量じゃ、敷居が高くございます(汗)
画像

暗緑塗布後に、研磨スポンジかけてみたりなど、色々小細工をしてみましたが、果たして上手く行ったのかどうか・・・・
画像

画像

これ以上、何をやっても、収拾付かなくなるだけだと思い直し、ここらで完了と致しました。勿論、前掲塗装図面とは、似てもにつかぬ姿となりました(笑)
画像

さて、今回、プロペラの軸が結構緩かったので、モーターライズは出来ないとしても、扇風機で回るんじゃないか?と、ちょっと遊んでみました。
画像

成程・・・。やはりペラが回ると、随分とカッチョヨク見えますね。ペラ先端の、警戒帯が、結構良い味出してます。風防付いて無いのがナンですが・・・
画像

完成前に、もうひと遊び。超簡易ジオラマで、ペラが回る様子を、写真にエフェクトかけて、も一回パチリ。しかし地上員、回転ペラ前で、鳩首協議とは、危険だぞ、と・・・(笑)
画像

それでは完成でございますちなみに。この写真は、1500Wのドライヤーで、ペラ回してます。しかしまぁ、流石に一式陸攻ベティさんよりは随分と早い完成でした。何せアレはデカイですから・・・。
画像

と、思ってたら、サンニでこんなキットが出るとか出ないとか・・・・。買って作ったとして、我が日本の住宅事情・・・。老婆心ながら、一体何処に置くんでしょうねぇ(苦笑)しかし、この数年、色んなキットがサンニででます。やはり我ら「老眼おっさんモデラー」へのご配慮かとも・・・・(・∀・)
画像

「応急で暗緑吹いた」感が出てれば有り難いのですが、これが中々・・・。やっぱ難しいですね。
画像

「網焼きカルビ」とのツーショット。同じ機体でも、塗装が違うと、イメージが変わって見えます。特に22型は、零戦の中では一番綺麗なアウトラインを持ってると思うのですが、如何でしょ?でも、塗装で台無し(涙)
画像

画像

画像

画像

画像

画像

「やや、ヤレタ感」も出てれば御の字ですが・・・・。う〜ん・・・。
画像

やはり、アップ画像はキツイかな?
画像

画像

も一回ペラを回してみる(笑)
画像

画像

も一回、新旧ツーショット。
画像

と、いう訳で、今回も何とか無事終了です。次は練戦か52型辺りですかね・・・?しかしまぁ、「零戦フルコンプリート」。一体いつ終わるんだ?(笑)では次回。多分9月です。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。はじめまして。

ラバウルの迷彩の零戦、すごく上手にできていますね!

この画像を見てぼくも網焼きカルビの方の迷彩零戦を作ろうかと思いまして、さっそく48分の1の零戦を買いましたが何かコツはありますか?
ぜひよろしければ教えてください。お願いします。

でん
URL
2014/11/15 21:11
でんさん
こんばんわ。初めまして。お返事が遅くなってしまい申し訳ないです。過去記事なので見落としておりました(汗)お許し下さいませm(_ _)m

さて、カルビ網焼きを作られますか(笑)。特に「コツ」というものはありませんが、ハセの二二型の場合、機体を組むときに上反角が不足気味になるので、その点を抑えておけば大丈夫だと思います。

塗装については、写真のものより網焼きの「帯」を太目に塗ったほうが良いように思われます。

応急迷彩も色んなパターンが存在しますので、色々調べてみられると良いと思いますよ。ちなみに「網焼きカルビ」の二二型は当時の写真ではウラが取れませんでした。フェイク塗装です。でも、こんなのも有ったのかも知れませんね。
oni
2014/12/08 20:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
零戦22型甲 ラバウル応急迷彩 パート2 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる