Lockheed L-1049G Surper Constellation AIR FRANCE

DSCN3309.JPG
みなさまこんにちは。すっかり朝晩は冷え込むようになりました。季節の移ろいは早いですね。あっと言う間に11月です。さて、今回はおよそ1年振りの旅客機さん。ロッキードL-1049Gスーパーコンステレーションです。4発レシプロ旅客機の中では、もっとも美しいスタイリングを持った美人さんです。
DSCN3310.JPG
来年の所属クラブのテーマが「フランス」なので、今回これの出番となりました。レギュレーションはとしましては、フランスの装束を纏ってるなら何でも良い、という胸襟の広さなので、入手来積みっぱなしになってたキットの出番です。結構古いキットですが、カルトグラフ製のデカールは黄ばみもなく良い感じです。では、製作へと参りましょう。
DSCN3311.JPG
DSCN3312.JPG
キットはミニクラフトの物ですが、正直言ってかなりヌルイ出来であります。主翼はエルロンとフラップのモールド以外は一切のパネルラインが無く、のっぺらぼうです。仕方ないので図面見ながらテキトーに掘りました。旅客機にはあまりリアルさは求めないので、それらしく見えれば良し、といったトコロです。要は手抜きなんですけどね(汗)
DSCN3313.JPG
次は胴体です。こちらものっぺらぼうです。唯一ドアのモールドが施してありますが、このラインはデカール処理をするので、邪魔以外の何者でもありません(笑)。埋めてしまいます。胴体内側に補強のプラ板を貼って、14グラムのオモリを仕込んで貼り合わせます。
DSCN3314.JPG
ここで全体を仮組みしてみます。何ともヌルイ出来ですねぇ・・・。果たして完成するのか?と、一抹の不安を覚えます。
DSCN3316.JPG
閑話休題。来年のテーマが「フランス」という事にて今回ハナンツより2機種ほど仕入れました。入手先はイギリス、実機はイギリスとアメリカ、キャリアはフランス、キットはフランスのクソカンイというややこしさです(笑)。で、このF-rsinというメーカーなんですが、機種の選択は良いものの、その出来は実に酷いキットです。
DSCN3536.JPG
例えばこのバイカウントのプロペラブレードと思われるパーツなんですが、ガタガタな上に途中で切れちゃったりしています(笑)。これをどうしろって言うんでしょうね~(・∀・)。以前同メーカーのL-749作った時、その出来の酷さにウンザリしたのですが、機種とキャリアの選択がシブイので、つい買ってしまいます。罪作りなメーカーではありますね。
DSCN3359.JPG
話を元に戻します。プロペラ付けて、全体像の確認です。すんげーダルイプロポーションですが、一応コニー以外の何者にも見えないので、まぁ、良しと致しましょう。これより塗装行程です。
DSCN3362.JPG
今回はウォークラインの黒線とか、防氷帯とかがあり、また銀塗装がメインとなるので「黒立ち上げ塗装」としました。
DSCN3363.JPG
主翼は兎も角、尾翼や防氷帯の黒線のマスキングが非常にメンドーではありました。それが終わったら、ちゃっちゃと塗っていきます。
DSCN3366.JPG
胴体の白を吹いてマスキング。
DSCN3367.JPG
最後にマスキングテープの団子状態となりました。
DSCN3421.JPG
それではマスクを剥がします。概ね上手くいってる様ですね。
DSCN3423.JPG
DSCN3432.JPG
塗料が乾いたらデカール貼りに挑戦です。何と言っても予備がないので、この行程は緊張を強いられます。
DSCN3440.JPG
左右とも、何とか破綻なく貼れまして、安堵の時です。で、ここでポカミスに気付きます(´・ω・`)。右外側エンジンの軸線がズレておりました・・・・。組む時、確認はしたつもりだったのですが、この状態まで来ての痛恨のミスです。このまま知らんふりしようかとも考えましたが
DSCN3452.JPG
「えいや!」とばかりに切り離しました。これよりリカバリ。とんだ回り道でございます。
DSCN3469.JPG
またまたマスキングテープの無駄遣いをしながらリカバリに勤しみます。
DSCN3470.JPG
デカールの上からマスキングテープを貼ってますが、既にクリアコーティング処理はしてあるので、遠慮なくベタベタ貼ってます。
DSCN3472.JPG
これにてリカバリ終了。近くで見るとアレですが、まぁこんなモンかと・・・・。
DSCN3501.JPG
最後に旅客機製作では私の定番となった、考証無視の研ぎ出しを行い、小物を付ければ完成です。
DSCN3506.JPG
機首上面のU字アンテナを自作しましたが、明らかにオーバースケールだったので、作り直しました。
DSCN3520.JPG
DSCN3521.JPG
DSCN3522.JPG
今回はテーマ機という事で、エールフランスで作りましたが、この頃のナショナルフラッグキャリアの塗装は、気品に溢れておりますね。模型の出来は置いといて、装束だけ見ると、じつにカッチョエエです。
DSCN3523.JPG
DSCN3525.JPG
DSCN3526.JPG
今回はこれにて終了です。お付き合い、ありがとうございました。今年もあと2ヶ月しかありませんが、あと一機くらいは作りたいと思っております。何を作るかはまだ不明ですが、取敢えずテーマ機が出来たので、ホッと一安心でございます。ではでは。
DSCN3528.JPG
DSCN3530.JPG
DSCN3533.JPG
DSCN3534.JPG
DSCN3535.JPG
最後に一言。コンステレーションって、ホントに美しい機体です。一度ナマで拝んでみたいヒコーキです。



"Lockheed L-1049G Surper Constellation AIR FRANCE" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント