A5M4 九六式四号艦戦 報國348 第一女教員號

DSCN3293 (2).JPG
みなさまこんにちは。しばらく前、涼しくなったと思ってましたが、又々暑いですねぇ。今年の残暑も厳しいです。さて、今回は九六艦戦を作ったお話です。キットはファインモールドのパチピタお利口さんキットで、何のストレスもなく組み上がるスグレモノです。
DSCN8801.JPG
箱絵のものは、まだこのキットが世に出る前、クラエアの簡易を半泣きになりながら作ったので、今回は別塗装「報國-348第一女教員號」でやることにいたしました。「女教員號」って名前がイイですね~。九九艦爆に「女學生全日本號」ってのもありますが、献納機のこれらのネーミングはイカしております。オッサン思想ですな(笑)。
DSCN1099.JPG
この頃は、まだリベット打ってませんね。今から見ると手抜きです(汗)
DSCN3294.JPG
今回の塗装見本です。それでは製作と参りましょう。青帯やら赤帯やらが入るので、塗装が面倒くさそうですね。
DSCN3244.JPG
まずは概ねの箇所を組み上げ、図面と照らし合わせながら、リベットラインのアタリを書き込みます。何せ優秀キットなので、ここまではすぐに出来ます。これが東欧カンイだったりすると、この状態にするまで大きな苦労を強いられるので、やはり国産優秀は有難いです。
DSCN3245.JPG
このキットは主翼の上に、直にコクピットを組んでいくという、やや変則的な作り方なので、いつもと勝手が違います。でも、精度が良いので何のストレスも有りません。コクピットが出来上がったら、それに胴体を被せるという形です。
DSCN3247.JPGDSCN3248.JPG
DSCN3249.JPG
エンジンを作りました。プラグコードはモールドされているのでそのままです。カウリングの支持架?はパーツ化されてないので、0.5の真鍮線でそれらしく作りました。ちょっと太すぎましたかね・・・?0.3くらいで良かったかも知れません。
DSCN3251.JPG
これで一応生地完成となり、次は塗装となります。
DSCN3253.JPG
閑話休題。現在の社宅の状況です。熊本の自宅では絶対に出来ないような状況になっております(笑)。そもそも福岡には、最初零戦1機しか持って来なかったのですが、2年でこんなになりました。他にも寝室には、ダンボールに入った十数箱が有りますので、何故こんなことになるんだろう・・・?と、自分でも謎でございます。
DSCN3295.JPG
では本題に戻りましょう。サフまでの行程は、いつもと変わらないので省きます。して、今回の塗装ですが、主翼の青襷(白縁の外側に極細のピンストライプ付き)やら胴体の青帯・赤帯、そして機尾の保安塗装などと、機体の製作とは裏腹に、非常にメンドーではあります。勿論すべてデカールでもイイのですが、上下左右均等に貼る自信が無いので塗装で済ますことといたしました。
DSCN3256.JPG
DSCN3257.JPG
あちこちマスキングがことのほかメンドーです。
DSCN3296.JPG
機体色は「アルマイト色説」を信じて、やや黄色っぽくしております。調色はガイアのシルバーに、金色を加えたものです。瓶の状態では結構黄色っぽいのですが、全体に吹いてみると、も少し黄色みがあった方が良かったかも知れません。
DSCN3259.JPG
それでは塗装も済みまして、ドキドキのマスキング剥がしです。
DSCN3261.JPG
DSCN3264.JPG
デカールでは、主翼の青襷のピンストライプは0.2ミリほどなのですが、マスキングの不手際等で、結局0.4ミリくらいになってしまい「あれまぁ、太すぎ」の結果となりました(涙)修正しようとも思いましたが、他にタッチアップしなきゃいけないところもあり、最終的には収拾つかなくなる事が容易に想像できましたので、そのままGOといたしました。性格のテキトーさが如実に出ております。
DSCN3267.JPG
あとは「報國」のデカールやらを貼って、クリアコーティング。スミ入れ及び研ぎ出し後、小物を付けて「はい完成」です。
DSCN3268.JPG
DSCN3269.JPG
DSCN3271.JPG
大戦後期の海軍機は、暗緑の地味~な塗装のイメージがありますが、日支事変頃のものは銀色に尻尾の保安塗装、そして襷や帯などと、華が有ってイイですね。塗装はメンドクサイですけど・・・・(笑)
DSCN3274.JPG
DSCN3270.JPG
襷のピンストライプが太すぎたという難点はありますが、私の技量じゃこれが限界。相変わらずの妥協の仕上がりとなりました。
DSCN3276.JPG
DSCN3288.JPG
DSCN3292.JPG
DSCN3283.JPG
今回の製作は「作るの簡単・塗るの大変」でございました。それではまた、涼しくなった頃にお会い致しましょう。ありがとうございました。








"A5M4 九六式四号艦戦 報國348 第一女教員號" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント