Wingsy キ-51 九九式襲撃機

DSCN2948.JPG
皆様こんにちは。相変わらずのご無沙汰っぷりでスミマセン。四月に本業の部署異動などでゴタゴタして、製作が滞っておりました。さて、今回は先日ようやく国内発売となった、ウクライナはウィングジーの九九式襲撃機であります。たしか去年の終わり頃アナウンスが有って、「こんなモン出して、メーカーの経営は大丈夫かいな?」と思いつつ、待つこと半年。六月一日の入手となりました。このメーカーは他にも九六艦戦とかも出しており、どうやら日の丸贔屓の様ですね。九六艦戦はファインモールドの決定版が国内で流通しており、買うことはありませんでしたが、九九式襲撃機とくれば、ヨンパチではニチモのベテランキットしかありません。
画像

現在では結構入手難で、模型屋で見かけることもあまりありませんが、これはこれでよく出来たキットです。さすがに「昭和的」感は拭えませんが、調理次第では大変良いものが出来上がります。私にゃ無理ですけど・・・。
画像

さて、時代が令和になりまして、最初の製作がウクライナ製とはちょっとアレですが、メーカーのサイトとか見てみると、かなり期待出来そうなキットだったので、入手早々手を付ける事に致しました。パーツ群はかなり良いモールドで、リベットも整然とビッシリ打たれております。主翼翼端とかもかなり薄くて好感が持てました。パーツ割を見ると、バリエーションも考慮されてるようで、早晩軍偵型も出る事は間違いないでしょう。ま、ほとんど違いは有りませんが・・・・。
画像

それでは期待を込めて組んで参りましょう。例によってコクピットから始めます。パーツを組んでいくと、丸メカのカラーイラストほぼそのまんま、という事が解ります(笑)。繊細なパーツ構成で出来ており、素組で十分だと思います。
画像

コクピットが出来上がったら、次は胴体です。合いも良く、さしたる苦労はありませんでした・・・・が、ここからドツボにはまりますわよと(・∀・)。
画像

インストによると、組んだ胴体にコクピットを収めるみたいに描かれてる様ですが、パーツの厚みで入らないんですよねコレが・・・。恐らくは3DCADによる設計と思われますが、どうやらプラパーツの厚みとかはあまり考えられていないような・・・?それとも私の組み方が悪かったのか・・・?いずれにしても隔壁を相当削り込まないと収まりません。削る合わせてみる、を繰り返すこと半日。どうにか胴体内に収めました。と言っても、かなり無理やりです。
画像

「なんじゃ、こりゃ?」と思いながら、今度は主翼をくっつけます。で、またドツボ。コクピットを無理くり入れたためなのか?、ん~・・・嵌りません(´・ω・`)。フィレット接合部がキツキツなのと、コクピット下部も、主翼下面に干渉し、組めません。ランナー状態での期待が大きかっただけに、モチベーションは一気に急降下です。仕方ないので、またあちこち削り倒します。で、何とか嵌めてみると・・・今度は主翼上反角が足りない、という事態に発展しました。
画像

で、更にフィレットと主翼中央の取付部分を交互に合わせを見ながら削ります。慎重にやっても隙間ができてしまいますね、はい。嫌いな嫌いなパテの出番となりました。写真はマステで「上反角養成ギプス」を装着し、養生中のシーンです。
画像

手が空いたので、エンジンを作ります。三菱の「ハ-26/瑞星」発動機ですね。これは細かい事に拘らなければ結構良い出来で、カウリング内側隔壁を削らなくても、無事収めることが出来ました。このあたり、何ともちぐはぐ感が漂うキットです。メーカーの情熱は感じますが、新興メーカー?故の技術不足の感は否めません。それともやっぱり私の組み方が悪いのか・・・・とも考えますが、さて。
画像

ここらで全体像を確認します。フォルムは悪くないですね。頑張って続きを作りましょう。
画像

上反角の養生が終わり一応形になったので、ここから調子をあげて行きます。
画像

画像

この機体の特徴的な大きな風防は、開閉選択式で好きな方が選べます。ご丁寧に窓枠のマスキングシートも付属してます。ただ、かなり分厚い透明パーツにて、20ミリの徹甲弾も弾き返しそうな分厚さです。ペラペラの紙みたいなフレームでないと日の丸っぽくありません。「開状態」にするなら、相当な削り込みが必要でしょう。そんな訳で、ホントは開けときたかったのですが、「閉状態」といたしました。ちなみに透明度は申し分ありません。
画像

水平尾翼などのパーツは合いがイマイチで、やはり隙間が出来ました。ここもパテ処理です。接合部は当然ですが、繊細なモールドやリベットとかが消えてしまいますね。彫り直し、打ち直しが必要になりました。
画像

他にも色々小さな苦労はありましたが、ようやくサフ吹きです。修正時の粗が、わんさか出るかと思ってましたが、そうでもありませんでした。
画像

ここまで来ると、ようやくゴールが見えてきますね。繰り返しますが、フォルム、アウトラインは悪くありません。特徴をよく掴んでると思います。これでもちょっと組みやすければ、御の字なんですけどねぇ・・・。
画像

ここらで小物も作っておきます。今回武装は15キロ爆弾12発装備としてみましたが、小さな弾体のパーツにエッチングのヒレ・・・。これが結構難行苦行でありました。50キロ爆弾4発という選択肢も有ったのですが、特徴的なラックと、いっぱいぶら下げたかったので(笑)、面倒な方を選びました。
画像

ここからようやく本塗装。灰緑下地に迷彩柄を吹いていきます。ホントは箱絵のイタリア的迷彩をやりたかったのですが、私の技量じゃ無理なので、斑点明細をチョイスしました。
画像

迷彩模様の塗料の諸元は、ビン生16番をレベリングシンナーで薄く溶き、さらにリターダ追加で、かなり薄めにしたものを0.2ミリのハンドピースで様子を見ながら吹いてみました。エア圧は0.02位を維持しました。それでも何箇所か斑点吹くとノズル先が詰まってしまうので、その度掃除しながらの作業です。これで半日かかりました。指先がつりそうです。また、吹きこぼれの飛沫が結構目立ち、「う~ん・・・」となりましたが、塗装後にメラニンスポンジで水研ぎしたら、結構いい感じ?になってくれました。でも、改めて老眼鏡かけて見てみると飛沫が結構残っており、詰めの甘さが目立ちます。
画像

これにて塗装は終了です。斑明細が何とも気色悪い仕上がりとなりました。
画像

デカール貼って、さらに半艶でクリアコーティング。そして各艤装を済ませれば、めでたく完成でございます。感想としては、同じウクライナのドラウィングよりは上を行きますが、やはり簡易インジェクションの粋は抜けきってないかな・・・?ってトコです。でもまぁ、スタイルは良いので、完成すれば喜びは大きいです。
画像

画像

画像

画像

いっぱいぶら下げた裏側はこんな感じです。
画像

画像

結構苦労があったので、次出るであろう「軍偵型」はどうするか、悩ましいところではありますが、多分買っちゃうような気がします。でも、値段がネックですね。ヨンパチ単発で、安くて7000円弱、という強気な?価格設定はどうなんでしょうね?
画像

画像

画像

画像

それでは今回はこの辺で失礼致します。令和初っ端から結構疲れるモデリングでしたので、次は国産優良品をやりたく思います。では、また。
画像

画像

"Wingsy キ-51 九九式襲撃機" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント