A6M5b 零戦五二型乙 近況 「おっと福岡に転勤ですわ」(>_<)

皆様こんにちわ。前回の更新で「暑い暑い」と言ってましたが、季節は移ろい、すっかり「寒い寒い」になってしまいました。ま、それだけサボってた、という事になりますが、実はこの度私、福岡に転勤となり、30年ぶりの一人暮らしとなりました。それやこれやのバタバタで、すっかり製作も更新も遅くなってしまったという訳です。
画像

で、転勤しての第一作は、まぁ、基本の零戦ってトコでぼちぼちと始めました。考えてみれば零戦もここ数年作ってないので、丁度イイかな・・・・?と。ちなみにチョイスはこれまで作った事がない五二乙です。
画像

で、社宅に作業スペースを設けた訳ですが、今までと違い、マンションの一室となりますので、塗装環境には非常に気を使います。部屋を汚してはいけないし、近所への気遣いも必要です。今回クレオスの塗装ブースを新調し、幸い角部屋だったので、排気は出窓を通して誰の居住空間も無い外へと導くことが出来ました。でもやっぱ、私は平気な有機溶剤の香りも、近所迷惑の何物でもないので気を遣いますね。苦情が来ぬことを祈るばかりです。
画像

画像

それでは製作と参りましょう。いつもの通りコクピットから始めますが、平日は当然仕事、土日は殆ど帰省してるので遅々として進みません(笑)。熊本~福岡という、中途半端に近い距離なので、ちょっと用事が出来るとすぐ帰ってしまいます。模型道具はほぼ全部こちらに持ち込みましたので、熊本では何も出来ないんですよね。
画像

そんな訳で、社宅で時間を見付けてチマチマ組みますが、以前のペースは何処へやら・・・・。遅い上にその作りもいい加減でございます。
画像

で、いざ製作を始めたら、綺麗に片付けておいた作業スペースはあっと言う間に散らかりましたと・・・・・(笑)
画像

次は通例通りの「写経修行」です。単身赴任の孤独さんなので、誰にも邪魔されず、これは今までと違い集中して行うことが出来ました。
画像

画像

きちんと打った積りでも、写真で見るとラインとピッチが結構ガタガタですね・・・・・。更なる精進が必要ですねぇ。次に胴体と翼を接合しますが、ハセの五二型はフィレット部に盛大な隙間が出来ますので、アウトラインは崩れるかも知れませんが、胴体下につっかえ棒をしておくと、隙間は最小限に防げます。
画像

ようやく士の字になり一段落。
画像

閑話休題。熊本からはキット自体は、この五二型しか持ち込んでないのですが、何故か増える積みプラ・・・・・(笑)。これからも増えて行くんでしょうねぇ・・・・。
画像

それでは塗装へと移りましょう。
画像

画像

画像

孤独の心情を表し(笑)、今回の日の丸は黒フチです・・・・。(>_<)
画像

さて、新調したクレオスの塗装ブース。「あんまり吸わない」という評価が多いようですが、結構仕事してくれてるみたいです。塗装時における部屋のシンナー臭も随分減った気がします。まぁ、これが有るに越したことはないみたいですね。
画像

全体の塗装が終わり、零戦らしくなって来ました。ここからはハイペースで参りましょう。
画像

画像

あとはいつもと代わり映えせぬ行程で進めてまいります。
画像

画像

それでは小物を取り付けまして完成です。10月1日の転勤以来、約2ヶ月でようやく完成致しました。長かったっす・・・数年前なら零戦1機、約3週間でしたからねぇ・・・。
画像

画像

まぁ、あちこち粗だらけですが、どうか大目に見てやって下さいませね。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

今回、福岡での記念すべき?第一作となった訳ですが、しばらく手を動かして無かったので、その仕上がりは「ん~~・・・・?」となってしまいました。やはりしょっちゅうやってないとなまくらになりますね。ま、私の場合、年中やっててもナマクラですが・・・・(´・ω・`)
画像

福岡での完成とは言ってますが、実は完成させたのは、最低限の道具を熊本に持ち帰り突貫(ヤッツケ)作業。熊本自宅でのロールアウトとなりました。言うなれば「ホームシック零戦」(笑)。ちなみに写真はすべて福岡での撮影です。
画像

画像

それでは今回はこれにて終了です。単身赴任の気楽さ故、製作数も伸びるかと思いましたが、現実は中々厳しいですね。地元と中途半端に近い距離がいかんのですかな・・・・?それではまたお会いしましょう・・・・つか、こんなに更新滞らせて、未だ見てくれてる人はいるのかな?とも思ってみたり・・・・(笑)。でわでわ。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

ダメンフィス
2017年12月01日 01:51
拝見しておりますよ。
この度は転勤との事…御苦労様です。
模型って案外自由な時間があると進まなかったりしますよね。
用事の合間を縫っての作業の方が捗ったり…。
零戦、やはり心が落ち着きますね。
素敵でございます。
独りだと食生活等偏りがちですがご自愛ください。

追伸:スペースの問題等おありでしたらタミヤの1/72シリーズかなりオススメです。
小さくても1/48と変わらぬ満足度でした。
最近メッサーとスピットを拵えてみましたがトテモ楽しかったです…。
oni
2017年12月01日 20:57
ダメンフィスさん
こんばんわ。未だ当ブログをご覧いただき、ありがとうございます。

単身赴任になって、模型やり放題!と思っていたら、福岡~熊本という中途半端に近い距離のため、しょっちゅう帰省しておりまして、中々集中しては模型に触れずにおりました。で、やっと作ったのがこの零戦です。

タミヤのナナニ零戦は一応死蔵しておりますが(笑)、素晴らしいモデルですよね。さすがはタミヤだと思います。一応社宅とは言え、結構空いたスペースはありまして、あと数機ならヨンパチで行けそうです。

ナナニはやりだしたら、日の丸の機種が相当有りますので、キリがないと思いまして、今のところはヨンパチ一筋です(^^)
Swordsman
2017年12月07日 09:31
ONI様
勿論、私も拝見しております。転勤のお話は伺っていたので、大変なのかなあと考えておりましたが、新作の零戦を拝見できて、眼福です。
女房の実家がつくばなので、この機番をみて「おお!」と。以前作った紫電はすぐそばにあったという谷田部航空隊のマーキングで作成しました。不相応にも今のガラスケース付き飾り棚に鎮座しています。

これを拝見して、筑波海軍航空隊の機体を作りたくなりました。未だA-10をやっているので、早く日の丸に戻りたいです。

不良在庫がたまっていっております(笑)

ONI様のようには中々作れませんが、慣れぬエアブラシに早く慣れて、ONI様のような零戦を作れるように精進します。

寒くなってまいりましたので、お風邪など召されぬようご自愛ください。
oni
2017年12月07日 18:44
Swordsmanさん
ここ数年、非常に更新が遅くなってしまった当ブログを未だご覧いただきありがとうございますm(_ _)m

さて、今回は初めての「転勤」という経験を致しまして、身上も変わったことだし基本の零戦でも・・・・という事で作らせていただきましたが、ハセの五二型はパチピタという訳にはいきませんねぇ・・・(苦笑)。

環境が変わると勝手も違って、色々と苦労がありました。あちこち破綻の跡は有りますが、まぁ満足しております。

この零戦は明日帰省するので持って帰って、埃を被らないように衣装ケースの中に仕舞われます。

エアブラシはお使いになられましたか?要は慣れ次第なので、手の内に入ると強力な武器になりますよ。

いよいよ冬本番となって来ました。福岡もかなり寒いです。熊本の頃は自動車通勤でしたので、なんて事もなかったのですが、今は自転車通勤にて、寒さが身に染みます(笑)。Swordsmanさんもお風邪など召されぬようお気を付け下さいませ。
マサ
2018年01月01日 00:17
いつも楽しく見させていただいております。
これからも模型作り頑張ってください。
マサ
2018年01月01日 12:25
マサデス
初めましてのご挨拶忘れていました。
申し訳ありません。m(_ _)m
いつか僕もトムキャッツ入りたいデス。その時はよろしくお願いします。

oni
2018年01月03日 16:53
マサさん
こんにちわ、初めまして。当ブログをご覧いただきありがとうございます。基本日の丸大戦機ばかりと、たまに「売れない蛇の目旅客機」というテーマしか無い偏執的な(笑)、ブログですが、今後共よろしくお願い致します。

トムキャッツは「来るもの拒まず、去る者追わず」というスタンスでやっておりますので、気が向いたときにでも遊びに来て下さいませ。大体毎月第三土曜日に例会やってます。
マサ
2018年01月04日 22:32
こんばんは。マサデス。
今、タミヤの零戦21型を作っているのデスが、窓枠のマスキングが分かりません。良かったらお教え下さい。
マサ
2018年01月04日 22:45
追伸デス。
風防は「開」状態デス。
oni
2018年01月05日 19:35
マサさん
こんばんわ。窓枠のマスキングですか?私は基本的にタミヤのマスキングテープを貼ってから、LEDの電気スタンドに透かしながら、メス刃で一発切りをやってます。あと、方法としてはマスキングテープの細切れを窓枠に沿って貼り込んでいく方法もありますね。外側のマスクが終わったら、内側にマスキングテープを貼込み、風防内側の黒を塗り、その上に機体色を重ね塗りします。慣れないうちは大変かと思いますが、数をこなすと大丈夫だと思います。色々試してみて下さい。

この記事へのトラックバック