必沈 第二章

画像

前回からの続きです。鋲打ちが終ったので、今回は塗装編でございます。
画像

今回57振武隊のデカールを、購入しまして、これでやる積りだったのですが、結局大判のデカールを曲面に貼る自信が無くて、帯と日の丸は塗装でやる事に致しました。で、このデカール、肝心の部隊マーク、「57」の数字の中が白抜きなんですよね。どうも実機では数字の中は黒く塗ってある様子です。仕方ないので切り出しました。
画像

まあ、こんな感じです。
画像

画像

後は通常通り、色を乗せて行きます。機体色には諸説有りますが、今回は自分なりの解釈の黄緑7号と致しました。
画像

画像

お次は緊張のマスク剥しです。概ね上手く行った様ですが、やはり一部吹き零れなど有りまして、タッチアップが必要でした。まあ、いつもの事なんですけどね。
画像

画像

では、部隊マークなどのデカールを貼ります。57の文字の中の黒部分も概ね成功しました。
画像

画像

さて、ここで大きな落とし穴。デカール貼り付け後、クリアでコートするのですが、いつものハセデカールの感覚でクリア吹いたら、と言ってもちょっと心配だったので、定着も兼ねて、軽く吹いてみたのですが、あっという間に溶けました。非常にデリケートなデカールです。オマケに気泡もバリバリと・・・。嗚呼。
画像

こんな事なら先に写真のリキッドデカールフィルムで頑丈にしておくべきでした、と言っても後の祭りです。
画像

何とか気泡を追い出し、色がとろけた部分を必死こいてリカバリしましたが、近くで見るとヘロヘロとなってしまいました。まあ、実機も結構ラフなラインで書いてあるし・・・と無理矢理自分に言い聞かせます。
画像

で、ここで非常に重宝したのが、おフランス製の「シタデルカラー」です。水性の塗料ですが、隠ぺい力は抜群にて、失敗しても、水を含めた綿棒ですぐに落とす事が出来ます。しかも乾いたら頑丈な塗膜となるので、これは良いです。入手先が限られてるのがナンですが、持ってると必ず重宝致します。単価は高めですが、それなりの価値は有りますね。
画像

画像

画像

で、現在こんな感じです。デカールの件ではとんだ回り道をしましたが、一つ勉強にもなりました。では、次回。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック