操縦室完成(もう嫌だ)

画像

先日機内色を塗った九七重爆の続きです。慣れないナナニイ、色々と大変です。
画像

一応機体に仮付けしてみます。ここまではOKですね。何とかなりそうでした。
画像

画像

まずは右舷の艤装を丸メカ見ながらテキトーに、雰囲気重視でプラ板の切った貼ったをしながら取り付けて行きます。キットのデフォでは全然違う右舷の操縦桿もやり直しました。
画像

計器板を取り付けてみます。まあこんな感じで良かろうか、って感じです。しかし、そろそろ技量の限界を感じつつ有る時ですね。
画像

暫し時間を置きまして、今度は左舷の製作です。
画像

これも丸メカ見ながら行いましたが半分以上はでっち上げです(汗)
画像

画像

アップにすると、粗が良くわかりますねぇ(笑)
画像

ここで懸念されていた事態が発生です。あれこれ付け足したので、これが胴体に収まりきるかどうかの問題です。当然そのままではあちこち当たって取付が出来ません(涙)
画像

そんなこんなで、あちこち削って、何とか胴体内に納まりきる様には致しました。メンドーな事この上なしですわ。
画像

画像

これでようやく操縦室が完成しました。慣れないナナニイという事も有り、試行錯誤の繰り返しでした。でも、まあ、風防被せりゃ殆ど見えなくなるのでこの辺でお許し頂きたいと思います。
次は翼やエンジン、そして足回りですが、何処かに必ずトラップが有ると思います。さてさて、次はどうなる事やらでございますねぇ(・∀・)
画像

ま、元々が機内はスッカラカンでしたので、ここまでやれば充分かと、自己満足もしておりますが・・・はい。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

あきみず
2009年03月22日 22:05
操縦席の仕上がりも決まりました、こういう所は丸メカが役に立ちますね 義烈隊
の機体とは凄い作戦に係わったのに
なりましてね 頑張って下さい
oni
2009年03月22日 22:32
あきみずさん
ようやくここまでたどり着きました。丸メカは大助かりでしたね。ま、端折ったトコロも多々有りますが(汗)
どうせ見えなくなるからいいや、という妥協の産物です。
義烈空挺隊は、地元熊本から必死の作戦を行った部隊ですので、出来る限りの事はやってみたいと思います。

この記事へのトラックバック