銀を塗る

最近何故だか更新が早いです。いつも溜めてからアップしてたので、ついついメンドーになり、更新も滞り気味、あとネタ切れ、というところでしょうか。チョコチョコアップしてた方がかえってお気楽かも知れませんね。
画像

とりあえず昨日非番だったので、模型とは全く関係ありませんが、地元の不動尊に厄入りのお参りに行きました。本厄は来年なので、そん時でもいいや、などと考えてましたが、今年に入って、ろくでもないことが多発しましたので、お経を唱えてもらい、お札を貰って帰って来ました。
画像

それでは模型の話にもどりませう。
画像

下地の処理が終わり、日の丸や赤帯、尾翼の戦隊マークなどを吹いてそこをマスキング致します。
画像

味方識別帯の黄橙色は、鍾馗の場合、微妙な曲線をしているのでいつもそこに難儀しますね。
画像

今回は全体に塗膜の強いクレオスのスーパーファインシルバーを吹きました。これで他の部分のマスキングは跡が残ったりせず、心配御無用でございます。
画像

写真では判り辛いですが、羽布の部分は定説の灰緑でなく、8番銀に35番明灰白色を混色したものを吹きました。そして各パネルのメリハリ付けに、今度はガイアのスターブライトジュラルミンを、ブラシのノズルを詰まらせながら、根性で(笑)吹きます。しかし上面は後で濃緑の迷彩を吹くのであまり意味が無いかも知れませんね(笑)
画像

これも非常に判り辛いですが、僅かにヘアラインも入れてみました。これもあまり意味が無いかも知れません。こんな事やるよりリベット打ったほうが余程良いかとも思われますが、無精者ゆえ、それは無理と言う物です(笑)
画像

次回は濃緑の迷彩を吹いた物をお見せできるかと思いますが、時間がかかりそうなので、腰を据えてやらなきゃいけませんなぁ・・・イメージ通りになるとイイのですが、ま、無理でしょう(・∀・)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あきみず
2008年11月19日 22:55
厄入のお参りというのがあるのですね
会社でぜんざいを振舞われた事がありました 銀を塗るのは難しいと思ってますが
グッと引き締まりますねパネルのめりはり
を付けられるのも凄いです 迷彩は
フリーで吹かれるのでしょう
oni
2008年11月19日 23:06
あきみずさん
コメントありがとうございます。
厄入りのお参りは、まあ、気分的なものにて・・・。これで少しでも上向いてくれればという気休めですね。

銀を塗るのは確かに難しく、あまり得意ではありません。そうしてもおもちゃっぽくなってしまうんですよね。そのためパネルにトーンの変化を付けるのですが、これもやりすぎるとわざとらしくなってしまうし・・・難しい所です。

ヨレヨレのマダラ迷彩はフリーで吹きますが、中々イメージ通りに出来ないので、修行の身であります。
satoken
2008年11月20日 20:56
どんなマダラ迷彩になるのか楽しみにしています。
私も0.2のエアブラシが欲しいです。
oni
2008年11月20日 21:28
satokenさん
あんまり期待しないほうが良いと思います(笑)フリーで吹くと、ほぼ一発勝負なので緊張を強いられますね。

コンマ2のブラシ、私もあんまり使ってませんが、有れば有ったで便利だと思いますよ。

この記事へのトラックバック