士の字になりました

製作中のTOJOさん、無事に士の字になりました。
画像

ただし、ハセのキットのごご多分に漏れず、主翼と胴体に大きな隙間が出来てしまいます。中にはきっちり合うキットも有るんですけどね。この辺は某タミヤ社を見習って欲しいもんであります。
画像

パテで埋めようかとも思いましたが、あまりに隙間が大きいので、今回はプラ板を挟み込み、ツライチに整形し、新たにスジボリを彫り直しました。
画像

ちょっとピンボケでありますが、この方向から見ると、でっかい頭にきゅっと絞られた胴体が目立ちます。勿論好き嫌いは有ると思いますが・・・。
画像

画像

で、無事に士の字になりまして、次はサフ吹きであります。白サフ吹いて、眺め回して見ますと、あちこち傷やら何たらかたらの不備が散見されまして、現在そこの修正中です。天プラまで後1週間でありますが、これから銀塗って、パネルのトーンを変えて、更に迷彩模様もかけなきゃならんので、これはちょっと間に合いそうにありませんね。
画像

次の行程は機体をスーパーファインシルバーで塗りますが、それはまた次回であります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

あきみず
2008年11月17日 21:42
主翼と胴体の隙間があっても上半角はきっ
ちと出ているのですか、無理やり付けないと上半角が無い時があります 製作工具や
塗料等が見られるのは興味あります
さりげなく公開してください
oni
2008年11月17日 22:13
あきみずさん
いつも解っちゃいるものの、この隙間だけはいただけません。鍾馗の場合は無理矢理付けると上反角が付きすぎるので、このような行程となりました。逆に飛燕などは上反角が全く足りなかったりします(笑)

工具も塗料も大した物は使っておりませんが、折に触れ写真も載せたいと思います。
satoken
2008年11月18日 22:31
私は1/72で「鬼神」鍾馗様のキットを持っています、繊細なスジ彫りが入っていて、部品数も少なく、作りやすそうです。いつの日か1/72で陸軍の一式~五式までの戦闘機を作って並べてみたいです。
oni
2008年11月18日 23:25
satokenさん
私はナナニは範疇外なのですが、以前零式水偵を作った時には結構楽しかったです。
そう言えば昨年の展示会では95式から5式までの陸軍単座戦闘機を並べました。自画自賛ですが、あれは中々壮観でしたよ。

この記事へのトラックバック