士の字にしませう

あちこちの調整で手間のかかる彗星ですが、とりあえず士の字になりました。
画像

浅いモールドを全面的に彫り直し、翼などをくっつけていきますが、思った通り接合部にでっかい隙間が生じます。
画像

急降下爆撃機なだけにモチベーションも急降下いたしますが、グズグズ言ってても先には進みませんので、「あ~」と言いながら修正します。
画像

画像

特に左の上下面は「なんじゃコレ?」と言うほどの隙間が出来、そこの修正後はプラパンと黒瞬着で殆ど地層のような状態になっております。
画像

次はキャノピーの調整です。当然隙間だらけなので、慎重にすり合わせていきますが、あちらを合わせればこちらが合わずで、透明パーツを削ったり、機体にプラペーパーを貼ったりという工程を繰り返し、何とか一応見られるような状態になりました。でも写真を見てみるとまだまだ修行が足りませんね(´・ω・`)
画像

で、キャノピーをマスキングいたしますが、何で日本機はこんなに窓枠が多いんだろうと、その工業力の低さに閉口します。キャノピーのマスキングには「ゾル派」「テープ派」「ゾルとテープの併用派」と色々有りますが、私は「テープ一発切り出し派」にて、良く失敗いたします(笑)
画像

さて、次は尾灯の透明化を図りますが、その部分を切り出す際に、後端が欠けてしまったので、ゼリー状瞬着を盛って整形しました。これはこれで機体後部と尾灯が一気に出来て、一石二鳥でございます(苦笑)
画像

ところでこの機体、コクピット内、前後席の間に透明の仕切り板が有るのですが、キットのパーツは高さが全く足りません。そのまま「知らんふり」をかませようかとも思いましたが、やっぱり気になるので透明プラパンで作り直しです。左が新規、右がキットのものですが、あんまり変わらんような気もします(・∀・)
画像

後は羅針儀などを作り直して、小物類の製作に移行していきますが、ようやく先が見えてきました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ブラシ
2008年01月23日 19:50
へー、そーかー、羅針盤ってそんな形になってるんだ!
勉強になります!(合掌)
oni
2008年01月23日 20:06
ブラシさん
羅針儀、丸メカに載ってた九九艦爆の室内イラストの物等を参考にでっち上げましたが、概ねこんな形をしている、という程度のモノでございます(汗)
きらら
2008年01月24日 10:17
以前から思っていたんですが、oniさんのカッターマットもめちゃくちゃ汚れてますね・・・私といい勝負(笑
浅いモールドの彫り直しは、そーっとナイフか何かをあてていくのでしょうか?
oni
2008年01月24日 23:25
きららさん
カッターマットはそろそろ新調しようかと思っている今日この頃。確かに汚れまくってますね~(笑)

彫り直しはハセガワ・トライツールから出ているケガキ針(スクライパー)とPカッター(エングレーバー)、そしてピンバイスに木綿針を噛ませたモノを場所に応じて使い分けております。ガイドにはモデラーズから出ているハイテクテープが曲線にもなじみ易く、かつ適度な固さで使い良いですよ。
きらら
2008年01月28日 10:05
どうもありがとうございます。
Pカッターは使っています。けがき針というのは、やはり使いやすいのかなあ・・・そっか、ピンバイスに装着すればいいんだ。
ガイドはやはり使うんですね。つい面倒で・・・それで脱線しまくりです。
でも、どこか彫りなおし始めると、全体をしなくちゃいけなくなるのが、大変ですね。
oni
2008年01月28日 21:36
きららさん
スジボリ、基本的に直線はPカッターで曲線にはケガキ針を使っております。
ガイドは私もメンドーなのであまり使いたくないのですが、浅いモールドや凸モールドの彫り直し等では使わないと大抵脱線します(笑)急がば廻れですね~(^^♪
ブラシ
2008年01月29日 09:23
みなさんへ
とうとう買っちゃいました!十和田技研のヒートペン!¥5700は痛かったけど、これ、おもしろい道具ですよ!
現在検証中ですが、ナイフとピンポイントというビットを使えば筋彫りもできてしまいました。作業を平準化するにはもう少し工夫が必要でしょうが、これはもしかしたら電動歯ブラシ以来の大ヒットとなるかも?
興味のある方は、「うち」にお越し下さい。ヒートペンレポートやってます。
oni
2008年01月29日 20:34
ブラシさん
ヒートペン、これは私も興味あります♪どんな使い具合なのか、レポートが楽しみですね。早速行かせていただきます。
ブラシ
2008年01月30日 08:40
とうとうoniさんもライターデビューされたんですね!
きららさんとい、すごいなー!
あやかりたい、あやかりたい!(笑)
oni
2008年01月30日 19:47
ブラシさん
拙作ではありますが(汗)掲載されました。締め切りのプレッシャーにさいなまれた年末ではありました(笑)

それにしてもあの「屠龍」は組みやすかったですよ(^^♪

きらら
2008年02月01日 09:36
電撃スケールモデラーの「屠龍」を見てきましたよ、いいですねえ、やはりかっちょいいです。

けど締め切りのある製作は大変でしょう。写真でくっきりはっきり見えちゃうし。
いやーん、ここはあんまり見ないでね♪・・・なんてことは出来ないですから。作例作ってる人はつくづく偉いなあと思います。お疲れ様でした。
oni
2008年02月01日 09:46
きららさん
お褒めいただきありがとうございます♪

確かに締め切りはプレッシャーですが、「この日までに仕上げにゃならん」というのがダラダラならずに宜しいかとも・・・。

出来上がった本の写真を見ると、後で気付いて「うわあ!」と叫びたくなる所もチラホラ見えたりしますが、それがドコかはナイショです(笑)でも、写真が綺麗なので結構誤魔化せてるかも・・・映像の魔術ですね。

この記事へのトラックバック