小物を作ろうトニーさん

九州南部は梅雨明けしたようですが、熊本は分類上九州北部になるようなので梅雨明けはまだです。でも、ここ数日は降ってないのでもうボチボチかと・・・。
それにしても「最強台風」に「中越沖地震」とあちこちで災害が発生してるみたいで、不幸にも被害にあわれた方々にはお見舞い申し上げます。
画像

ではトニーさんですが、サフは吹いたものの、フラップ付近に不具合が見つかりましたので修正中であります。また、湿気が多くて塗装が出来ないので小物を少々作ります。
まずは尾灯です。キットのパーツでは垂直尾翼上にレンズ部がモールドされておりますが、これを削り飛ばし、透明化をはかります。
画像

方法はと申しますと、色々な所で紹介されてるやり方ですが、エポパテを薄く延ばし、程よく固まったら、涙滴状に先っぽを削ったプラ棒を、向こう側に突き抜けないように突き刺します。
画像

そこに「仏壇のローソク」(笑)であぶったクリアランナーの残骸を「キュッ」と押さえつけます。
画像

画像

すると乳首のような(笑)尾灯が姿を現しますので、これをナイフでこそぎ取り、はい出来上がりです。
画像

画像

何分出来た部品はハナクソ並みに小さいので、後のパーツへの接着時に多分幾つかは異空間へ消え行く(無くす)ことを想定し、量産しておくと安心です。私の場合、調子に乗って20個くらい作りました(・∀・)
画像

お次はピトー管ですね。
画像

真鍮パイプの3段重ねで作りましたが、実機では先端に穴が開いてるのでそのようにします。外径0.5㍉、内径0.1㍉の真鍮パイプを先端部に使いましたが、そのままでは先っぽの開口部が殆どわからんので、針先で軽く揉んでおくと、中々イイ感じになります。
画像

パイプの重なり部の継ぎ目はゼリー状の瞬着をぐるりと盛り、先端部へ向かってなだらかになるようにペーパーで削っておきます。キットに付属のプラパーツを使うよりシャープで頑丈な物が割と簡単に出来るのでオススメです(^^)
画像

最後は照準器です。キットのパーツをベースに、フィルター部分を切り落とし、ここに0.2ミリの透明プラ板を取付けます。
画像

本体のレンズ部分はウエーブの「H・EYESミニ」の1.2ミリを使いました。予備照星はファインのエッチングですが、今回は「予備照星」という事で横に寝かせて装着しました。でも、立ってた方が絵的にはカッチョエエですね(笑)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ヤナピー
2007年07月20日 01:11
おひさです。なんか様子が変わりましたね。今うちのPC液晶とんでケイタイからしか見れんので、カキコもしやすくなりました。  相変わらずの仕事ぶりでよく手を入れてらっしゃる。つい一ケ月前通った道なので復習気分と言ったとこでしょうか、ちなみに自分の場合計器盤周辺をいじくりまわしたので照星をまっすぐつけると、前風防に干渉し、泣く泣くぐにぃっと横へねじこみました。それでも曲がっていますが(汗)。クリアランスが微妙ですので気を付けて、そつのないoni様ですから心配はしてませんが参考まで。台風はだいじょうぶでしたか。
ヤナピー
2007年07月20日 01:23
もう少し。いまはハセ48のハリアーと格闘中、のっぴきならねー頼まれもんで、これがまた、合いがわるかーパテ山盛りです。無塗装飛燕に手をかけたものの隅に追いやられてる始末です。夏の陣にはどうやら間に合いそうにありません。こうなったら天プラに飛燕を7機集めてテーマの7をかわすしかなさそうです。
oni
2007年07月20日 07:21
ヤナピーさん
どもども、ご無沙汰です。
ケータイから見るときのブラウザが変わってますね。見易くなってるみたいです。

照星の件、ありがとうございます。何にも考えておりませんでした(汗)クリアランスが取れてればいいのですが、コクピット、マスクしちゃったので出たトコ勝負です(笑)

今はハリアー製作中ですか?英国の執念の賜物みたいな飛行機ですね。ヤナピーさんも執念で頑張ってくださいませ^^;

夏の陣、飛燕のジオラマを早く見たいです。絶対持って来て下さいね(^^♪




きらら
2007年07月22日 10:21
ランナー伸ばしてると、色々と、いや~ん♪な形になることがありますね。一人で作業場で「へへへ」とか笑ってると、完全に変態君の仲間入りです。
こんな姿は誰にも見せられません。

私もリューターは持ってませんが、先につける部品だけ持ってるといいんですね。なるほど~
排気管の先を開口するのに困っていました。
小さくても、開けたいですもんね。
あべ
2007年07月22日 12:36
暑いですね~。あら、なんか大分の方が多い(笑)。

フラップはヒケですか?。進行度合いが私のトニーくんと似てますんで、がんばって追いつきます。こちらはもうすぐ士の字なのですが、予想だにしないトラブル(ミスなの)に七転八倒中です。

ラジエータ・フラップの作動アームとかどうなってんでしょうね。
「なんか棒入れときゃいいよな、なあトニー。」「ああ、十分十分。」とあぶない独り言をいいながら作ってます。
oni
2007年07月22日 23:07
きららさん
こう蒸し暑いとあらぬ妄想をかき立てられてしまいますね(^^)例えば、伸ばしランナーの滴をどっかに垂らしたく・・・と、ここまでいくと完全にアレですのでやめておきます(笑)

>リュータ
数年前から導入計画を立てておりますが、キットや資料代に消えてしまい、一向に手元に置くことが出来ません。
まあ、ビットさえあれば、気合と根性で、結構何とかなるもんです。さすがに大きな面積を削るのは無理がありますが、排気管の開口ぐらいだったらダイジョブみたいです。
oni
2007年07月22日 23:22
あべさん
熊本も中々気合が入った蒸し暑さです。湿気が多くて塗装には辛い季節ですね。

フラップの不具合は、後縁をうすく加工してた部分が欠けてしまったので、そこをプラペーパーの細切りでリカバリであります。

ラジェータ・フラップの作動部付近の図、当ページの下の方に貼っておきます。解かり辛いかもしれませんが、良かったら参考にして下さいませ。版権とか有るでしょうから、暫くしたら消しますね^^;

あぶない独り言・・・笑わせてもらいました。私もあまり変わらん世界です(笑)



あべ
2007年07月23日 18:53
oniさん
ラジエータの図解、ありがとうございました。もういいですよ。米国製みたいに「真ん中に1本のロッド」ではないのですね。なるほど!。

飛燕を作るのは初めてなのです。メッサーともスピットとも違ったかっこよさに見ほれてます。美しく仕上げたいと思いつつも、まず主翼と胴体の隙間をどうにかせんといけません。あいたたたた・・・。がんばりましょう。
oni
2007年07月23日 23:07
あべさん
何かのお役に立てたら幸いでございます。
私はこの部分・・・端折ります(爆)
とにかく夏の盛りのトニーさん、頑張りましょう(笑)

この記事へのトラックバック