おかげ様で一周年

画像


昨年の9月に熊本トムキャッツに入会し模型のお仲間が出来まして、10月に当ブログを開設してあっという間に1年が経過しました。その間嫁さんとの度重なる神経戦や、突然肺が破れて入院したり、息子が飛行機の模型に目覚めたりなど色々ありましたが、おかげ様をもちまして一周年です。アクセス数も10000ヒットを超えまして嬉しい限りです。トムキャッツの皆様、当ブログを御覧いただいている皆様、コメントを書き込んでくださる皆様、まことにありがとうございます。ブログのタイトル通りホントに適当な事しか書けませんが今後とも宜しくお願い致します。
画像

さて、一周年記念という訳でもありませんが、本日嫁さんが子供を連れてどっか行っちゃったという事もあり(家出ではナイと思う)製作中の隼が完成いたしました。例によって剥げチョロバリバリの廃機寸前(笑)です。こうなってくると○○の一つ覚えというより、猿の○○○○と一緒ですね(下品で失礼)
画像

何でも陸軍機は海軍よりも塗料の質が劣ってたみたいで、ちょっと使い込まれた機体はほぼ例外なく塗料の剥離が起こってたらしいです。特に南方の直射日光に晒された機体は褪色・剥離が酷かったみたいですね。
画像

この隼Ⅰ型ですが、好き嫌いを別にしても、どうにも中途半端で頼りない感じがします。キャノピーから突き出た旧式の望遠式照準器・2翅のペラ・大きな翼に細い胴体・貧弱な武装・防弾皆無・・・他にも様々な事情が有ったにせよ太平洋戦争を戦い抜くには非常に辛いものがありますね。その後Ⅱ型・Ⅲ型と進化していく訳ですが大戦後半には決定的に旧式化してしまい、その多くが特攻隊に使用されました。しかし他の陸軍戦闘機がいずれも何らかの欠陥を抱えていたので、扱いやすい隼は敗戦まで陸軍の代表的戦闘機として使用されました。戦時中は零戦よりも国民に知れ渡っていたらしいです。
画像

画像

零戦と同じく、いかにもニッポン的な機体ではありますが私自身は好いております。というか、どこか「忍従」の二文字が感じられる日本機全般が好きなのですが・・・・(爆)
画像





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

メビウス3
2006年10月08日 17:11
隼完成おめでとうございます。いつも雰囲気抜群の作品、うらやましいかぎりです。僕は陸軍機野中では鍾馗、疾風が好きです。空冷エンジン搭載機はマッチョでパワフルでないと!外国機ではP-47がいいですね。
oni
2006年10月08日 19:00
メビウス3さん、こんばんわ。めっきり涼しくなりましたねえ。製作にはもってこいの季節ですね。
鍾馗・疾風は確かに迫力がありますね。隼は余りにも華奢すぎると思います。まあ、97戦の延長上の機体ですから仕方ありませんけど・・・^^;
P-47・・・隼と比べると使い古された言い方ですが、軽トラとダンプカーですね。
greenwolf
2006年10月09日 22:33
おお、そうだそうだ、oniさんが1年なら私も
トムキャッツに入って1年経ったんだ(笑)
さらに私も胆のうをとったりと似たような
経緯を辿ってます。ただ、私はお気楽な
独り者ですが・・・の割りに完成機が少ないです。

私はどちらかというと不細工な飛行機が
好きなので隼は弱々しい感じしかしませんが、
記録画像を見るとアクロバット機みたいな
挙動も出来るんですね。多分牛若丸みたいな
イメージで日本人受けしたんだろうなぁ。
oni
2006年10月09日 23:37
greenwolfさん、こんばんわ。
そうですね。お互いトムキャッツ2年生ですね(笑)これからも宜しくお願いします。

隼は九七戦の流れをくむ時代錯誤的な格闘性重視の軽戦闘機でしたからねえ。う~ん、確かにか細く弱々しいイメージは拭えません。でもその形態通り運動性は抜群だったみたいで、(零戦よりも良く回る程)緒戦に限って言えば、一撃離脱が不徹底だった連合軍機を格闘戦に引きずり込んで圧倒したらしいです。

>牛若丸みたいなイメージ
確かに!^^;おっしゃる通りですね。職人芸とか名人芸とか・・日本人、好きですもんね~(^^)


Maj.AGGRESSOR
2006年10月12日 11:32
 隼の完成、おめでとうございます。柳腰と言う感じでスレンダーな魅力がありますね。97戦ともども、とても「戦争の道具」には見えない美しい形をしていると思います。 スポーツ機、アクロバット機と言っても通用するような。

 ところで、質問なのですが、日本機の13mm機銃って、ブローニングM2のコピーでしたっけ? なんかでそんなことを読んで、それなら米軍機用のアフターパーツの銃身が使えると思った記憶が有るのですよ。
oni
2006年10月12日 13:03
AGGRESSORさん、こんにちわ。
>柳腰
確かにそう言えますね。「兵器」と呼ぶにはいささか頼りない形態をしております。細身の日本美人といったところでしょうか(笑)

ご質問の件、私も詳しくは無いのですが、陸軍の「ホ103 1式12.7ミリ機関砲」でしたらブローニングM2に範をとった物です。当然オリジナルに比べ性能は劣ってましたけど^^;
海軍の三式13ミリ機銃、これは何をベースにしてるのか資料が無くて、ちょっとわかりませんでした(´・ω・`)ご存知の方、教えて下さい(汗)

何しろ国力が無いのに陸軍と海軍で規格が違うもんを使ってましたからねえ・・・仮に同じ物でも呼称が違ったり・・・混乱しますですよ。
Maj.AGGRESSOR
2006年10月12日 14:27
今日は非番で製作中です。
>海軍の三式13ミリ機銃、これは何をベースにしてるのか資料が無くて、ちょっとわかりませんでした

あう”・・・単純にブローニングのコピーって訳でも無いのですね。マイッタナァ
 ファインモールドにも13mmは無いし、どうしよう?

 カーモデルではハセガワもタミヤもやってますが、純正のアップグレードパーツ(引き物砲身とか)を飛行機でも出してくれんかなぁ?>えいち製作所殿
oni
2006年10月12日 16:10
AGGRESSORさん
今日は私も公休です。とりあえず次は何を作ろうかと思案中であります。どうせまた日本機ですけど^^;

13ミリ、ファインあたりから出して欲しいですね。銃身に限って言えば20ミリより複雑な形状をしてますしね。

お持ちかも知れませんが、52丙の銃身だけのアップの写真をトムキャッツの掲示板に貼っておきますので良かったら参考にしてくださいませ。
ヤナピー
2006年10月13日 18:27
初めてお邪魔致します。
一周年&隼完成おめでとうございます。
私は、あと二ヶ月ほどで出もどり一年になります。
まだまだの初心者?故、踏んだり蹴ったりの挑戦の日々です
天ぷらへ向けての製作真最中ですが、今回、机の上は星条旗一色に染まっております。・・・おかしい熊本夏の陣の頃は、飛燕であふれかえっている予定だったのに。
来年の楽しみに取っておくことにします。
天ぷらにはきてもらえますか?いや、来るでしょ~でしょ。
お待ちしております。
oni
2006年10月13日 18:52
ヤナピーさん、ようこそいらっしゃいませ!(^^)!

展示会では流星のジオラマにシビレさせていただきました。是非もう一度見たいもんであります。
私も出戻って以来、数だけはこなしましたが、中々上達致しません。試行錯誤の繰り返しであります。

天ぷらは仕事の都合を何とかつけて、家族一同是非お伺いしたいと目論んでおりますので宜しくお願いいたします。

思いのまま、適当なことばっかり書いてるブログですがまた遊びに来てください^^;お待ちしておりますよん。
あべ
2006年10月23日 20:33
oniさん
ごぶさたしてます。隼、いいですね。勇ましい名前や猛々しいテーマ・ソングとは裏腹に、優美なデザインは零戦より日本的な美しさを秘めていると思います。

先日、ファインモールドの隼を購入、リベット打って銀色にするのだー、と気持ち的には高ぶってます。天ぷらが終わったら取りかかりますね。

あ、こちらには初めてでした。って、ヤナピーさんワタシより先に来ておるではないですか!!(笑)。
今後ともよろしくお願いします。
oni
2006年10月23日 22:09
あべさん、こんばんわ。ようこそです。
隼、おっしゃる通り、いかにも日本的なデザインですね。兵器と呼ぶにはちと弱そうです。

ファインの隼、私もⅢ型を持ってます。以前Ⅱ型を組んだのですが、ご多分にもれずいかにもファインのキットでした(笑)
リベット打ちと銀塗装、楽しみですね。

天ぷらにはお伺いする予定ですので、どうぞ宜しくお願いいたします^^;

この記事へのトラックバック