メタルカラア

流星の爆弾取付架のお話です。インスト通りのただのシルバーでは「う~ん」てな感じでしたので、考証もへったくれも有りませんが(相変わらず適当だな~)金属部分を「Mr.カラースーパーメタリック」で塗ってみました。
画像

僅か18ccで800円という大変バブリーなお値段ではありますが、Mr.メタルカラーのように塗って磨きだす、という手間は省けます。また、磨きだす途中、塗膜がハガレてしまうという失敗(私だけ?)もありません。但し、下地をツヤツヤの黒で塗っておくというオキテが有り、その点だけは少々面倒ではありますね。
画像

写真ではよく解りませんが、実に綺麗なクロムシルバーになります。
画像

考証、という点を別にすれば結構お手軽に金属感を出すことが出来るので、最近好んで使っております。(機体の全面銀塗装には勿体無くて使う気にはなれませんが・・・・)

で、流星の爆弾槽にはめ込んでみました。う~ん・・・やっぱちょっと光り過ぎですかね?
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

greenwolf
2006年05月03日 13:34
メタルカラーのシルバー、私も持ってますが、
「ここで使う」という局面が分からないというか
小心者で使う踏ん切りがつかないままですね(笑)

でも鍾馗やF-104の銀塗装には使ってみたいなぁ。

次の爆撃機としてB-24の無塗装機(1/72エアフィックス)
を考えてるんで、これに使ってみようかな。
もう全面ギンギラギンにしたいですなぁ。
oni
2006年05月03日 23:54
greenwolfさん 毎度どうもです

B-24にバリバリのメタルカラー、イイですねえ(^^♪無塗装のジュラルミン地肌の表現にはもってこいかと・・・確か何種類かトーンの違うのが売ってありますのでパネルごとに塗り分けると最高かと思います。でも塗装代が高くつきそうですねえ(笑)

京都の絵巻三昧の強行軍、大変お疲れ様でした^^;

この記事へのトラックバック