日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS キ-43 一式戦闘機 隼 U型 鉾田教導飛行師団

<<   作成日時 : 2016/03/12 22:36   >>

ナイス ブログ気持玉 12 / トラックバック 0 / コメント 19

皆様(つか、未だ見てくれている人いるのか?)大変大変ご無沙汰しております。この度久々久々久々〜〜・・・・・の更新でございます。最後の製作が11月の九五式水偵でしたので、かれこれ半年弱ぶりですね。冬ごもりしておりましたわよと(笑)。
画像

さて、今回のお題は↑の「隼」でございます。12月からチマチマと作っておりました。で、今頃の完成です。それにしてもこの箱絵、正直「気の毒」な画面です。P-51に囲まれてますがな!勝ち目は殆ど有りません。腕の良い空中勤務者なら、どうにか逃げ切れるかな?・・・・・ってなトコでしょう。このイラスト、も少しどうにかならんかったのかなぁ・・・と思いますが如何でしょう。
画像

それでは、ゴタクはこれくらいにして制作に参りましょう。この頃の陸軍機は学研本によりますと、機内は無塗装となり、操縦席周りにのみ、グレーグリーンぽい塗装が施されていた様子です。違ってたらゴメンナサイm(_ _)m。
そんな訳でインスト通りクレオスの127番で(機内色・中島系)塗りました。
画像

次はお馴染み、写経工程です。参照図面が正しいとして「零戦の倍は有るんじゃねぇか!?」と思わせる程の鋲数です。マジ疲れました。
画像


画像

主翼だけでも、えらくくたびれました。時間もかかります。昔やってた「リベット2日打ちに挑戦!!」なんて真似は最近では出来ません(笑)。図面見ながら、チマチマひたすら打ちました。ま、打ってる最中は無心になれて良いですけど、すぐ飽きます。で、我に返ってあまりの鋲数の多さに腹を立てると・・・・・。「何やってんだか?」でございます。
画像

尾翼、胴体にも写経を施し、ようやく「士の字」となりました。ここまで来ると、何となく先が見えてきますね。リベットやってる時の「賽の河原」状態から解放され、ホッと一息です。
画像


画像

リベットを打った後のケバを取ったらようやく塗装工程です。今回の日の丸は、本土防空部隊の証、「白帯付き日の丸」となるので、いつもとマスキングの手順が異なります。
画像

真っ白な機体に日の丸のみ、というのも中々良いですね。綺麗です。
画像

それでは各部をマスキングし、箱絵通りの銀塗装に移ります。塗膜の強さと隠蔽力の強さから、クレオスのバブリー高級品(笑)スーパーファインシルバーを全体に吹きました。銀塗装時は好んでこの塗料を使っております。まぁ、仕上がりはギラギラし過ぎて、ビンボな日本機っぽくないんですけどね。
画像

銀一色とは言え、羽布部やパネルのトーンの違いなどが有りますので、マスキングの繰り返しが結構面倒ではございます。
画像

これにて一時塗装完了です。各部のマスキングも概ね上手く行った様です。一安心ですね。それにしても、いやらしいほどギラギラしています。これじゃあんまりなので、これから全体のトーン落としにかかります。クレオスの「スーパークリアーグレートーン」に、気持ち黒を混色したものを、塩梅見ながら吹いて行きます。で、失敗します(苦笑)。つい、やりすぎちゃうんですよね。えらく汚れた機体となってしまいましたと・・・・。困ったなぁ・・・・。まぁ、困るだけで、何の処置もしませんけど・・・・(・∀・) 。開き直って3分艶位のクリアを吹いて、その後メラニンスポンジで(台所用研磨スポンジ)水研ぎし、塗装は完了となります。
画像


画像

ね、汚いでしょ?(汗)。後は小物を色々付けて、完成一歩前まで持ってきます。ここまで来ると、完全に先が見えて来て、勢いも付きますね。
画像


画像

それでは、ようやく完成です。とっても小汚い仕上がりとなりましたが、どうにもならんので、これにて終了です。
銀は難しいですねぇ・・・・。更なる精進が必要です。
画像

画像

画像

あとは完成写真の羅列となります。笑って見てやってくださいませ。
画像

画像

画像

画像

それにしても「隼」。柳腰の細い胴体だことで・・・・。零戦が重戦に見えますがな(笑)。
画像

画像

画像

画像

いかにも「日本機的」ラインで構成されてますね。華奢で華美なラインです。悪く言えば「ひ弱」かとも・・・・。グラマンには全体真似できないラインですね(笑)。
画像


画像

数年前に作ったT型と比べてみました。機体形状もやや異なりますが、色が違うと全く違う機体に見えますね。色のマジックです。
画像

画像


それでは皆様、次回予定は今の所未定ですが、またお会い致しましょう。そうですね、できるだけ近いうちに・・・・。頑張ります。
画像



たかさんへ
飾りきれない分の収納状況です。でもこうすると、普段は闇の中なんですよね(笑)
画像

画像

こうやって、どんどん段ボール箱が増えていきます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
完成おめでとうございます。
銀ピカな機体には濃緑色の機体には無い美しさが感じられます。
隼は細い機体ですよね。美しいですが生産性は悪そうだな〜という感じです。これの1年後の機体があの寸胴な「鍾馗」というのか信じられません。
以前鍾馗でこのような銀ピカな機体にチャレンジしたのですが、どうしても難しく、ムラになりました。挙げ句の果てに全面銀で持ち手がなく、うっかり塗装した面に溶剤のついた手で触ってしまい大惨事を招き、泣く泣く破棄しました。(苦笑)なので、こんな機体を作れるのはすごいと思います。
どちらかというとこんなロールアウト直後のようなピカピカの機体が好きです。
次回作も楽しみにしています。
それでは、失礼いたしました。
九六戦
2016/03/12 23:37
九六戦さん
ご無沙汰してます。ご覧いただき、また、コメントいただきありがとうございます♪

隼の後部胴体はホントに細い柳腰です。この辺り、如何にも日本的な美しいラインで出来ておりますが、同時に脆さも感じますね。でも、陸軍の軍馬として、敗戦まで戦い続けたのですから、褒めてあげなければなりません。ま、他の新型機種のいずれもが、何か問題を抱えていた、という事情もありますが・・・・。

さて、銀塗装は正直言って、難しく苦手です。破綻無く塗るのにはかなりのテクを要しますね。私はまだまだ精進が足りません。あちこち破綻しております(汗)。写真だと良く分からないかも知れませんが、実に薄汚れた仕上がりとなってしまいました。こうなるとリカバリも難しいのでそのままGO!となっております。

まだ何を作るかは決めておりませんが、次回作も頑張りますので、時々覗いてやって下さいませ。
oni
2016/03/13 19:13
はじめまして
更新楽しみにしてました。次回作も期待しています。質問ですが作った機体の良い収納方法無いですか?狭い家なので困ってます。冷蔵庫の上と食器棚の上が陳列スペースです。
たか
2016/03/14 18:02
たかさん
コメントありがとうございます。拙ブログをご覧いただき幸いに存じます。最近中々更新できませんが、長い目で見てやって下さいませm(_ _)m

さて、ご質問の件ですが、私の場合相当数を作っておりますので、最早陳列棚はどこにもありません(苦笑)。本来であれば、ガラスケースの中がホコリも立たずに一番良いと思われますが、置くスペースが無いので、プラ製の衣装ケースの中などに旧作の順から仕舞っております。あとは段ボールの中に仕切りを作って、主翼を串刺しにして、蓋をしております。ホントは全部飾りたいのですが、住宅事情が許しませんので、そんな感じです。写真を貼っておきますので、ご参考にされて下さい。
oni
2016/03/14 22:40
ご返信ありがとうございます。収納方法参考にさせて頂きます。銀色の隼良いですね。隼は私的には好きな機体では無いですが作りたくなりました。作成者が上手いと購買意欲がわきますね。
箱絵の画像の件は全く同感です。大戦末期の搭乗員では逃げるのも厳しいでしょうね。
たか
2016/03/16 04:47
たかさん
隼は日本的ラインの華奢さが結構お気に入りです。でも、作るとなると、リベットの数に二の足を踏まざるを得ません(笑)。しかしこの箱絵は「主役」の扱いじゃありませんねぇ・・・・。完全にカモられてるシーンでございます。せめて熟練の空中勤務者が搭乗されている事を祈ります。
oni
2016/03/16 16:05
oniさん ご無沙汰しております。今年も楽しみにしてますのでよろしくです^^

隼!いいですね☆相変わらずの安心のクオリティで素晴らしすぎます。スーパークリアーグレートーンという塗料は知りませんでした。トーンを落とすのに良さそうですね。こういう情報もとてもありがたいです!

私も在庫の隼をいつか組もうとは思っているのですが、ファインのキットなんですよね。左右の胴体パーツがそれぞれ明後日の方へ変形していて躊躇してます(笑

そして昨年引っ越してきたばかりのマンションですが、匂いについて上階の方から早速苦情が入りまして、塗装できない状態です。賃貸なのでまた引っ越しを真剣に検討中でございます(笑

oniさん、お身体に留意されて次回作もよろしくです。

ひろひろ
2016/03/16 17:55
ひろひろさん
こんにちわ。ご無沙汰しております。この度冬ごもり(笑)から醒めて、久々に帰って参りました。ご覧いただきありがとうございます。

グレートーンは、明るすぎる彩度を落とす時等に結構重宝してます。クレオスNo.で183番ですね。でもやりすぎると、何とも薄汚れた感じになってしまうので、加減を見ながら程々に、というところです。まぁ、私の場合、やりすぎる事が多いんですけどね・・・・(汗)

ファインの隼は結構組みにくいですけど、形状的にはハセの物より良い線行ってると思います。作り比べてみると、その違いが良く分かります。

さて、やはり有機溶剤の香りで苦情が来ましたか・・・。困ったモノですね。確かに普通の人から見たら健康的な匂いではないですからねぇ・・・。水性塗料を使う、という手もありますが、乾きが遅いしベタベタするしで、あまりお勧め出来ません。問題が解決出来る事をお祈り致します。
oni
2016/03/16 18:30
待ってました!!
銀無垢の一式戦、さすがですね!
美しい歴戦機(お世辞ではありません)の仕上がり具合に惚れ惚れです。
一式戦は一型を去年の夏にコクピットを作ったのち、鋲数の多さに棚上げしたままになっています。
今は二式複戦をかれこれ半年やっていますが未だ仕上がらずです。

やっぱりいいですね。一式戦。ベアメタルが一番似合う戦闘機な気がします。

屠龍が終わったら、一型をやろうかなと思いました。

三寒四温の折、ご自愛下さい。
当方は2歳半になった娘がやたら保育園から風邪を拾ってきて、いつもゲホゲホしております。

ダンボールの保管、私も参考にさせていただきます。
Swordsman
2016/03/17 18:38
Swordsmanさん
どうもご無沙汰しております。お元気ですか?この度冬ごもりからやっと目覚めて帰ってまいりました(笑)。何故こんなに遅れたかと言うと、兎に角鋲数の多さにウンザリで、(お互い様ですネ)中々進める事が出来ませんでした。でも、何とかお先に完成です。まぁ例によってあちこち破綻しておりますが(汗)。

二式複戦をお作りですか。あのキットは下面のフラップラインに欠陥がありますが、そこをこなせば素性は良いです。良いキットですよ。双発は手間はかかりますが、完成すると迫力もあって良いもんです。完成が待ち遠しいですね。

確かに三寒四温の日々が続きますね。身体がついていきません。風邪などひかぬよう用心しときます。Swordsmanさんもご自愛下さいませ。

段ボール保管は、在庫が増えて置き場所に困った私の苦肉の策ですが、このまま展示会とかに持っていけますので、結構重宝しております。

oni
2016/03/18 20:36
ご無沙汰しております。
久々に拝見いたしましたらば力作の数々。
さらに今回は私の大好きな隼。
しかもベアメタル…。
キター!!
と言う感じです、嬉しくなりました、ありがとうございます。
無塗装銀にリベットは映えますね、とても素敵です。
ハセガワのU型は最近私も製作致しました、大変良いキットですね。
作ったばかりなのにまた隼やりたくなっちゃいました。
この教導師団のキット…近所の模型屋に有ったんですよね…無くならないうちに入手してしまおうかな、と。
私は地元が埼玉なので熊谷飛行学校のマークで…等と妄想しております。
季節の変わり目ですのでお身体にはお気を付けてくださいますよう。
それでは失礼いたします。
追伸:私の中では勝手に「日本機の先生」と呼ばせて頂いております。
ダメンフィス
2016/03/20 01:44
ダメンフィスさん
こんいちわ。すっかり暖かくなりましたね。桜の便りもチラホラと聞くようになりました。やっぱ、日本人には桜です。

ベアメタルの機体にはリベット打つと映えますが、あまりに目立ちすぎるのも何でして、今回ちょっとやり過ぎちゃったかな?って気もします。もう少し控えめに打てれば良いのですが、コレが中々・・・・。難しいです。

このキットは官給品(要は貰い物)でして、納屋の中で眠っておりましたが、いただいた方に悪いので、今回の製作となりました。発売が2003年なので、今現在模型屋で見かけることはまず無いと思われますが、もし有ったのなら入手しておく事をお勧めします。オマケデカールで熊谷飛行学校のマークも入ってますしね。
>「日本機の先生」
とんでもございません。私のは、只、数を作ってるだけでありまして、単なる下手の横好きなだけでございますよ〜(汗)
oni
2016/03/20 11:21
こんばんは。
こちらに書くのもどうかと思ったのですが申し訳ありません。
先日、ハセガワの五式戦を購入したのですが、リベットラインの参考になる三面図が見つからず困っております。何か書籍はご存知ではありませんか?
Swordsman
2016/03/31 21:15
Swordsman さん
どうもです。現在入手容易なものしては、「世界の傑作機 NO.23陸軍五式戦闘機」に参考になる図面がありますよ。あと、以前学研から出たムック本「飛燕・五式戦」の中には折込で図面が付いてます。こちらは現在入手難かも知れません。あとは大日本絵画の「エアロディティール 五式戦闘機」の中に有るかも知れませんが、この本は持ってません。ご参考になれば幸いです。ちなみに主翼のリベットラインは、飛燕と同じくダブル線なので、打つとなると結構キツイです(笑)
oni
2016/04/01 21:12
ありがとうございました。早速まずは「世傑」を注文しました。
Swordsman
2016/04/04 16:34
熊本で震度7との事ですがご無事ですか⁈
Swordsman
2016/04/14 21:38
Swordsman さん
幸いにも我が家は結構無事でした。ま、色々倒れたり飛び出した物は有りましたけど・・・・取敢えず、天山と彩雲が墜落大破致しました(涙)お見舞い、ありがとうございました。
oni
2016/04/15 21:49
まずはご無事で何よりでした。東日本大震災の経験から、今が一番ストレスのかかる時期かと存じますが、ご無理なさらぬよう。
天山と彩雲の大破は痛手ですね。。。
Swordsman
2016/04/19 17:11
Swordsmanさん
昼間は普通に勤務、夜は避難所泊まりとなっており、中々厳しい生活を送っております。長期戦になる事も予想されますので、出来るだけストレス溜めないように気を付けます。どっかでガス抜きしないとですね・・・・。

彩雲と天山は何とか修復させたいところですが、さて。

コメントありがとうございました。
oni
2016/04/21 20:36

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
キ-43 一式戦闘機 隼 U型 鉾田教導飛行師団 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる