日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS 九試単座戦闘機

<<   作成日時 : 2014/02/26 18:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

皆様こんにちわ。今回は先日発売になった「九試単戦」を、あっさりと作ってみました。
画像

実機については割愛しますが、日本にとって、エポックメーキング的機体になった「九六艦戦」の始祖でございます。映画「風立ちぬ」が無かったら、恐らく、つか、間違いなくヨンパチ国産インジェクションでは出なかったでしょう。
画像

まずは例によって操縦席から始めます。少々ナンチャッテパイピングをしておりますが、コクピットの開口部が狭いので、何もしなくても充分なパーツの出来でございます。
画像

ま、こんな感じで仕上がりです。
画像

今回、他にやった事と言えば、翼端灯と尾灯のクリアー化くらいのモンで、完全素組です。翼端灯はアクリル棒の削り出し、尾灯はゼリー状瞬着の盛り上げで行っております。
画像

後はご覧のように、すぐに「形」になってくれるので、実にラクチンなキットです。実機では慣れない工作のため「ベコベコのパネルラインやリベット(初採用の枕頭鋲)跡を、パテで埋めて平滑化した」、とありますので、今回はリベットレスでございます。厳密に言えば、パーツのパネルラインも消すべきなのかも知れませんが、それやったら、あまりに「ノッペリ」になると思い、それは残しました。ちなみに知人より「ちゃんとリベット打って、それを溶きパテで埋めれば〜?」なんて無茶な?提案(笑)もありましたが、そんなメンドシィこたぁしませんです(・∀・)
画像

エンジン関係のパーツも良く出来ていて、プラグコードのヒゲを生やす必要も有りません。最初っからモールドされております。
画像

すぐさま「士の字」で、塗装準備完了です。
画像

赤い尻尾の「保安塗装」というと、どうも機体は「銀」という刷り込みが有るのですが、実機は灰緑だったとか・・・。一応インスト指示に従って、そのようにしましたが、刷り込みイメージのせいで、何となく「違和感」を憶えますね。
画像

赤い尻尾と主翼端の黒以外は全面灰緑、縁なし日の丸のみ、という単純明快な塗装なので、すぐに終わってしまいました(笑)今回は「試作機」故、汚しもいたしません。
画像

と、言う訳で完成です。細部には拘らず「完全素組であっさり作ろう」というのが今回のテーマでした。で、結果は駄作と・・・・(苦笑)
画像

このアングルからだと、試作1号機の特徴ある「逆ガル」形態が良く判りますね。
画像

画像

後は例によって、完成画像の羅列でございます。いつもの様に、あちこち「粗」が有りますが、笑ってお許し下さいませね。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

九試の量産最終型、四号艦戦と比べてみます。
画像

画像

今回作はヒジョーに「あっさり」しております(笑)
画像

今回はこれにてお終い。お付き合いありがとうございました♪また次回お会い致しましょう。何をやるかは、全く決めておりません。でわでわ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
模型屋さんで先日見かけた九試単戦の作例が見られて嬉しいです。
決してアニメが嫌いという事は無いのですが、パッケージで敬遠してしまったので…

しかしコルセア並みの逆ガルですね。96艦戦からは想像しにくい派手さです。これが制式採用されていたら零戦のデザインも変わっていたかも。

当方のタミヤ神雷零戦は残すところ風防の塗装、クリア吹き、スミ入れとなったまま二週間が過ぎました。

娘の首も据わってハイハイも迫って来て焦っております。f^_^;

ONI様のハゲチョロ無しの作例を久しぶりに拝見した気がします。
ベアメタルの陸軍機なども拝見したいなあと思う今日この頃です。

三寒四温の季節も近づいて来ましたが、まだまだ油断出来ない季節、ご自愛ください。

次回作も楽しみにしております。
swordsman
2014/02/27 20:12
swordsmanさん
こんばんわ。毎度のコメント、ありがとうございます。更新の励みになります♪

先日までの鬼のような寒気も何処へやら・・・。すっかり暖かくなりました。こう寒暖の差が激しいと、身体が付いていきませ。実は暫く、扁桃腺を腫らして寝込んでおりました。

九試のパッケージは確かにアニメが前面に出されておりますが、中身は完全なスケールモデルです。取説付属の解説書も、相当気合が入っています。

設計主務の堀越氏は逆ガルが好きらしく?、零戦では直線ですが、次の烈風では軽い逆ガルになってますね。

お嬢様もいよいよ動き出す頃合いですね。これから楽しくも大変な事となると思いますが、お昼寝の間にでも、チマチマ触るのも良いかもです。でも、今は育児が最優先ですね。

ベアメタルの機体は、私もやりたいのですが、基本銀塗装が苦手なので、出来るだけ敬遠しております(苦笑)

今回は「あっさり」ですが次はそれなりに気合を入れたいと思っております。
oni
2014/02/27 22:00

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
九試単座戦闘機 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる