日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS 二式複座戦闘機「屠龍」丙型前期 突出37ミリ砲、ズド〜ン  パート2 (B公撃墜マーク付)

<<   作成日時 : 2014/02/06 20:55   >>

驚いた ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 4

画像

みなさまこんにちわ。急に寒くなったり暖かくなったり・・・という昨今ですが、身体が付いて行けないので、たいがいにして欲しい今日この頃です。さて、今回は屠龍です。2年ほど前に同じ様なモンをやりましたが↓のマーキングをやりたいので、そのためだけのモデリングでございます。正直「ハセ屠龍」は作るの結構メンドシイんですよね。と言っても、今回で5機目位ですが・・・・(笑)
画像

さて、この「ド派手な撃墜マーク」付けた屠龍って、最近まで写真が発掘されてなかったんですよね。どの書物にも載っておりません。福岡は大刀洗の「平和記念会館」での初公開、という事です。初めてこのマーク付けた実機写真を見た時は、そりゃもう飛び上がるほど驚きました。「うわぁ!こんなん有ったんだ・・・・」ってな感じです。
それを今回ハセがキット化(ま、デカール替えですが)してくれて、有り難い限りです。ナナニでは数か月前に出ましたが、ヨンパチ発売を待ち望んでおりました。
画像

それではさっさか作って行きましょう。定石通り、コクピットからとなりますです。複座はやっぱメンドシイですね。ま、このキットの場合は結構中身がしっかりしておりますので、大したことはしておりません。塗色については良く判らんので、インスト通りと致しました。違ってたらゴメンナサイです<(_ _)>
画像

お次はエンジン。前面に配された「環状冷却器」が実感に乏しいので、リュータで肉抜きしております。治具に銅線巻いて「冷却器」を作るなんて事は、その技術も根性も持ち合わせておりませんので、ナンチャッテで誤魔化します。あとはプラグコードを這わせますが、カウリングつけて、スピナとペラを付けると、エンジン本体は殆ど見えなくなります。環状冷却器以外はほぼ見えません。
画像

画像

それでは図面見ながら「写経」へと参りましょう。ヨンパチ図面が有ると、結構楽できますね。
画像

さあ、それではこのキット「最大の弱点つか、欠陥」の修正へと参りましょう。何でこんなパーツ構成になったのか、理解に苦しむのですが、下面のフラップラインが、途中で「分割」されてしまってるんですよね、これ・・・・。このラインの修正が結構な手間何ですよね。
画像

妙な位置で分割されてしまったラインを埋めて、新たにラインを掘り直す必要があります。ああ、メンドシイ。
画像

それでは塗装です。今回は陸軍航空隊、本土防空隊の証でもある「白帯付日の丸」となりますので、手順がいつもと変わってきます。いつもの塗りに慣れちゃってるので、マスキングの手順で、頭が混乱いたします(笑)
画像

真っ白な機体に日の丸のみ、というのも結構綺麗ですな。
画像

修正したフラップラインをも一度チェック。
画像

白帯と、垂直尾翼前縁部のマスキングも、後で泣きを見ぬために、抜かりなくしておきましょう。
画像

それでは本塗装。機体全面を灰緑色で塗りつぶします。で、これより始まるゲロゲロ曼荼羅迷彩塗装。
画像

コンマ2のガンで吹いて行きますが、インスト通りになんて絶対塗れないので、あくまでイメージで、細吹きをして行きます。でも、コレがまた、イメージ通りには中々吹けません。
画像

それでも何とか誤魔化し誤魔化しやってみますが、結局あちこち破綻してますな。
画像

前回作った屠龍とツーショット。同じような塗装2回もやって、どうするんだと・・・・(苦笑)しかも、成長の跡無しと、きたもんです(・∀・)
画像

ゲロゲロも何とか完了、つか、強制終了ですが(笑)ここらで諦めて、マスクを剥がします。今回はマスキングについては概ね上手く行っていた様で、まずは一安心。尾翼前縁の白縁付赤帯も決まってくれました。ラッキー♪
画像

このデカールを貼りたかったんですよねぇ。ようやくここまで行きつきました。
画像

次いで明るすぎるトーンを落とすために、グレートーンを、一度ふんわり全体に吹きます。
画像

ここまで来たら、後は一気呵成です。一気に完成まで持って行きました。
画像

画像

画像

それでは完成でございます。はい、ご苦労さんと。
画像

画像

画像

画像

このキルマークに思わず萌えてしまいます(笑)
画像

画像

画像

画像

画像

前回屠龍とのツーショット。一部を除いて、殆ど変りなし(笑)我ながら阿呆だと思います。
画像
画像

それでは、今回はこれで終わりでございます。お付き合いありがとうございました♪さて、次は何を作ろかな?♪
取り敢えず、ハセ屠龍は結構手間がかかるので、あと数機、不良在庫を抱えたままで、当分やらんと思います。

あ・・・尾翼のマスバランス、付けるの忘れとった・・・・(汗)あとで付けます。

追記 マスバランス、取付完了。しかし相変わらず詰めが甘いなぁ・・・・(汗)
画像

画像

これで完成ですね(苦笑)


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
驚いた 驚いた
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
二式複戦!いいですね。大好きな飛行機です。親戚が乗っていたそうで、子供の頃にその人からサンケイ出版の「屠龍」を頂いたのが、日本機モデラーの始まりでした。

もちろん製作してみましたが小学生の筆塗りモデラーにはこのゲロゲロ塗装は難し過ぎ、失敗してからは作らなかったのを覚えています。

今製作中の永遠の0五二型、士の字で止まっている一式戦を終えたら挑戦してみたいですが、娘の首も坐りつつあるので三年後かもしれません。

東京は45年ぶりの大雪でしたが、なんとか気合いで乗り切っております。

次回作も楽しみです。
Swordsman
2014/02/10 18:00
Swordsmanさん
毎回コメントありがとうございます♪関東地方は近年稀に見る大雪という事で・・・テレビで見ましたが、大変な様子ですね。当地熊本でも、市内でちょっとでも積もったら、特に交通面が大変な騒ぎとなります。何せ雪道に慣れてないモンで・・・。

さて、今回の屠龍は一昨年くらいに作ったモノと、ほぼ変わりませんが、新発見の機首の撃墜マークをどうしてもやりたかったんですよね(笑)ゲロゲロが大変でしたが、何とか完成致しました。

お嬢様もいよいよ首が座ってきましたか・・・これからが可愛くてたまらない盛りで、模型どころでは無いかも知れませんね〜。再開が3年後は遠すぎますので(笑)お仕事と育児の合間に暇を見つけて、ちょっとずつでも触ってやると良いかもですよ。
oni
2014/02/10 19:27
うちのじいちゃんが屠龍のパイロットだったもので検索してたどり着きました。
シベリア送りからも無事生還し今でも元気で、二式複座戦闘機の模型を探していたので作り方や画像を検索していた次第です。

模型と画像を色々ファイルにしてプレゼントしようと考えてます。
黒蜜
2015/05/11 14:02
黒蜜さん
初めまして。コメントありがとうございます。

おじい様が屠龍のパイロットですか。しかもご健在とは、何よりです。こういう言い方は失礼に当たるかとは思いますが、生き残った方々の中では最後の世代ですね。色々と貴重なお話が聞けると思います。終戦は大陸で迎えられたのですね。相当なご苦労があった事と存じます。

当ブログが何かのお役にでも立つのであれば幸いです。模型のプレゼントはきっと喜ばれると思いますよ。
oni
2015/05/11 19:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
二式複座戦闘機「屠龍」丙型前期 突出37ミリ砲、ズド〜ン  パート2 (B公撃墜マーク付) 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる