日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS クラシックエアフレーム  「イ式重爆」 (FIAT Br-20)  製作編

<<   作成日時 : 2013/11/24 21:28   >>

ナイス ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

皆様こんにちわ。すっかり寒くなりました。お風邪など召されぬ様、お気を付け下さいませ。さて、今回は「イ式重爆」でございます。キットメーカーは「クラシック・エアフレーム」。東欧製の簡易インジェクションキットとなります。
あまりの価格の高さに買うのを躊躇してまして、「どうせ熊本の模型屋じゃ手に入らんから・・・・それにクラエアだもんな〜」と数年が経ちましたが、先月とある県外の模型屋さんの棚の片隅で見かけまして、約12000円弱という値段に「買った辞めた音頭」を数度演武したのち、レジへと走り「すんません、幾らに負かりますか?」と・・・・(笑)10000円ポッキリに負けて頂きました。ラッキー♪
画像

どうせ作るなら、塗装は箱絵と↑写真のモノと最初から決めてました。「寿」マーク、やりたかったんですよね。で、ココで問題発生。
画像

付属デカールの「寿」の書体が、私ら漢字を使う日本人から見てみると、明らかに「変」なんですよねぇ・・・。まぁ、外人さんが作った、漢字デカールなので、仕方なしとも思われますが、ココは拘りたいところです。かと言って、達筆「寿」書くなんて事も出来ませんし・・・。そこで、図々しいと思いつつも(汗)、四国は阿波のP師匠に、マスキングシートの製作をお願いし、快諾していただきました。
画像

↑写真の通り、明らかにデカールのモノとは書体が違いますね。素晴らしきシート、ありがたや♪でございます。
画像

あとはこの機体についての資料は殆ど持ってないので、所属クラブのJ酎佐にお願いしたら、大量の「爆弾メール」(笑)が届きました。やはり持つべきものは「仲間」でございます。有り難いことですねぇ。
画像
画像

さて、この「イ式重爆」ですが、実名称は「FIAT Br-20」というイタリア製の機体でありまして、↑写真の九三式重爆の老朽化と評判の悪さから、↓写真の新鋭機、九七式重爆が実用されるまでの「つなぎ」として、急遽イタリアから72機ほど購入した陸軍「重爆撃機」です。
画像

イタリアから買ったから「イ式」とは実に安直なネーミングですが、判りやすいといえば判りやすいです(笑)

ホントは陸軍、ドイツのハインケル「He-111」が欲しくて、交渉もしていたのですが、結局売ってくれず、当時イタリアが盛んに「高性能!」と宣伝していた「FIAT Br-20」に目を付け、交渉成功。当時の金額で6000万円だかが、イタリアへ支払われました。日本への輸出については、イタリア空軍の反対も有ったらしいですが、当時エチオピアとの戦争で、外貨が不足し破綻寸前のイタリア政府。貴重な外貨獲得のために、ムソリーニの鶴の一声で、日本へ相当数が輸出される事となりました。

さて、日本(中国)にやって来たBr-20「イ式重爆」ですが、日本とイタリアの運用法の違いからか、諸性能はカタログデータを軒並み下回り、特に航続距離については、エンジンの扱い方が違うので大幅に下回ったという事で、実施部隊からの評判も、決して芳しいモノじゃありませんでした。ただ、その強力な防御砲火と、爆撃機では必須項目とも言える「打たれ強さ」は日本の「ひ弱な」ヒコーキじゃ考えられないモノだったという事です。「打たれ強い」という貴重な戦訓は、その後の、撃たれりゃすぐ火を吹く「ライター」みたいな、日の丸爆撃機には、残念ながら結局活かされませんでした。

その後、装備品や弾薬が底をつくと、イタリア規格の物は日本じゃ使えず、新鋭九七式重爆の充足とともに、「フィアット」はひっそりと、その姿を消していきました。

ではでは、聞きかじり(笑)講釈はこれぐらいにして、本来の目的である製作へと参りましょう。何と言っても相手は「クラエア」。のっけから不安が頭をよぎります(苦笑)。正直「プラゴミ」みたいな代物が多い東欧簡易インジェクションの中ではマシな方と思われますが、日頃ハセだタミヤだ、ファインモールド(但し最近の)・・・・と、「温室育ち」の私には中々荷が重いです。
画像

まずはキットに付属するエッチングだらけのコクピットから・・・・。シートもエッチングと言うのはチト辛いです。作るの大変なの(苦笑)
画像

少々パイピングを施したのみで、ほぼ素組です。
画像

画像

画像

機内の資料が少ないので、ある意味手を抜けますね(笑)
画像

それでは、左右に反ってる(爆)胴体を、緊縛プレイで無理矢理くっつけます。
画像

本来、風防の類は、塗装後後付したいのですが、予想通り(笑)全然合わんので、そう言う訳にもまいりません。
今回は先付を強いられました。ま、カンイやってるなら当たり前か・・・・。
画像

画像

お次はエンジン。
画像

レジン製のシリンダとクランクケースがバラバラになってるパーツ構成です。塗装後、クランクケースの穴ぼこに、シリンダをくっつけていくと、勝手に18気筒星形エンジンになってくれます。
画像

画像

画像

ただ、この手のエンジンパーツの通例として、そのままではカウリング内に収まりきれません。当然これもそうでした。カウリングのパーツの内側を削り落とさなけりゃなりません。当然これも想定内。
画像

あと、この「フィアット・A80RC41C」というエンジン・・・・。プラグコードの取り回しが非常に複雑怪奇です。資料は貰ったものの、結局訳が解りませんでした。故にテキトー(・∀・)
画像

ま、コレでお許しくださいませ<(_ _)>
画像

それでは、翼の製作です、後縁が分厚いので、結構削ってやらないと、シャープさが得られません。かなり削ったつもりですが、結構ダルでございます(汗)
画像

その主翼の胴体への取り付けは、一応「ホゾ」が有りますが、コレの位置がまたビミョーに合いません。「ホゾ」の意味無し(笑)ほとんど胴体と主翼は「イモ付」状態となりました。で、これがまた隙間だらけで、結構笑えます。
画像

パテ盛りは嫌いな工程ですが、致し方なし。これまた想定内。
画像

画像

サフ吹いて様子見・・・・。大体ここでパテの気泡とか、色んな粗が見えて来て、ガックリします。今回はサフ→削り→溶きパテ→削り→サフ・・・・の繰り返しを3回くらいやりました。ここらで気力が落ちてくるのが分かります。
画像

画像

画像

さて、尾翼。想定通り合いません。「もーどうでもいいや」って思いますよねぇ。しかも今度は「ほぞ穴」すらありませんので、真鍮線で桁を作りました。
画像

画像

画像

これまたパテの嵐・・・・。手間がかかるなぁ。
画像

そんなこんなで、パテと修正の繰り返しを行いながらも、何とか全体サフ吹きまで完了。
画像

今回はコレでお終いでございます。次回、完成編(多分)でお会い致しましょう。
画像






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
今回は簡易インジェクションは全く組んだことがありませんが、なかなかファイトが湧きそうな感じですね。
今回のイ式重爆は過分にして初めて知りました。完成のお写真を楽しみにしております。
東京も急に寒くなりました。九州はいかがでしょうか。
ご自愛ください。
Swordsman
2013/11/29 16:39
Swordsmanさん
コメントありがとうございます。この機体、簡易インジェクションとしては良い出来みたいなのですが、所詮は簡易。それ以上でもそれ以下でもありません(笑)結構手を焼かせてくれます。

現在塗装中なので、上手く行けば、近日中にアップできると思います。

九州も急に寒くなりました。今日とかは最高気温10℃に達しなかったと思います。身体がまだ寒さに慣れてないので、急な冷え込みは堪えますね。

Swordsmanさんもお身体、お気を付け下さい。
oni
2013/11/29 19:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
クラシックエアフレーム  「イ式重爆」 (FIAT Br-20)  製作編 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる