日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS A6M2-K 零式練習戦闘機11型

<<   作成日時 : 2013/09/25 20:07   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

皆様こんにちわ。先日の18号台風で、涼しくなったと思ったら、あっという間に真夏に逆戻りの今日この頃でございます。でもまぁ、朝夕涼しいのと湿気が少ないのがせめてもの救いでしょうか・・・。昼間は「太陽に殺される」って思いますが・・・・(笑)

それにしても、小池画伯のボックスアートにはいつも引き込まれてしまいます。「こんな風に塗れたらいいなぁ」って、いつも思いますが、多分一生無理ですな。
画像

さて、今回は「零式練習戦闘機」。要は零戦の複座型練習機でございます。このキットは一度作った事があるのですが、今回「鋲打ち」でリベンジです。↓は暗緑でリベットレスですが、今回は色を変え、リベットも打ちました。
画像

製作記は以前書きましたので、http://oni53063277.at.webry.info/200702/article_4.html今回は省きまして、いきなり完成画像からスタートです。
画像

このキット、そのまま組むと、前席のスロットルレバーの位置関係がおかしいとか、配電盤は前後に2つもあるのか?とか、色々疑問点も有りますが、ズボラな私はメンドシィので、そのまま組んでます(汗)
画像

画像

機体の色目も、コレで良いのか・・・・?てな感じもしますが、ご了承くださいませ(汗)しかしまぁ、普段地味〜な「暗緑」ばかり塗ってる身としては、何とまぁ、派手なカラーな事か!と、ある違和感を感じますねぇ(笑)彩度が明るい色は正直苦手です。
画像

画像

画像

以上は夕刻、自然光で撮影しましたが、以下はいつもの作業台、蛍光灯の下でございます。
画像

やはり「自然光」と「蛍光灯」じゃ、随分と違った感じに見えますね。ま、両方機体自体は「粗だらけ」でございますが・・・・。いずれにせよ、塗装のエフェクトのかけ方が、いつもと勝手が違いますので、結構苦労致しました。と、いう割には全然効果が出てませんが・・・・・要は「汚いだけ」と・・・。(苦笑)
画像

画像

画像

画像

画像

新旧両作を並べてみました。色が違うだけで、随分と雰囲気が変わるもんです。
画像

次は前作「52型丙」とのツーショット。同じ零戦でも(厳密には全く違うが)全然違うヒコーキに見えますね。
画像

それでは引き続きオレンジ練戦連貼りです。飽きたらページを閉じてくださいませね。
画像

画像

で、ここで「大失敗画像」(滝汗)・・・・。下面の日の丸の位置、間違えました。ホントはもっと内側なんですよね。ロクロクインストやその他資料を見ずに、上面に合わせて塗ってしまい「あいたたたた・・・・」でございますが、塗りなおす気にもならんので、そのまま行っちゃいました。
画像

気を取り直して上面写真(笑)
画像

第二風防は固定せずに、開閉両方楽しめる?仕様と致しました。
画像

画像

吹流し標的曳航索の取り付け基部は実機と形状が異なりますが、結構ゴチャゴチャしてて面白いです。いつだったかのモデルアート誌に、詳細図が載ってましたが、持ってないので、キットのパーツのまんまでございます。あのイラスト集「零戦大図鑑」をムック本として早く出して欲しいもんだと、切に願います。あれって、零戦以外にも色んあ機体や装備が掲載されてますので、超一級の資料なんですよね。日頃お世話になっている↓の続編、というトコで・・・・。
画像

画像

画像

それでは、今回はこれでお終いでございます。ご覧いただきありがとうございました。これでいよいよ目標の、零戦各型フルコンプリートの日に、また一歩近付きました。あとは52型の甲と乙、それと斜銃が付いた夜戦型、練戦の後期型、それから爆戦と62型・・・・・まだまだ先は長そうですな(笑)あ、52型の極初期型も有ったっけか。
画像

これだけ作ってもまだ足りない・・・・・。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。
先々週あたりに小学生以来作っていなかった零戦21型(ハセキット)の1/48を購入しまして、これだけインターネットが発達しているなら参考になるサイトもあるだろうと検索しているうちにこちらを見つけて、ほぼすべて拝読(拝見)してしまいました。

四半世紀ぶりにプラモデルを作り始めてみましたが、やはり楽しいですね。私も日の丸第二次大戦機オンリーの小学生もデラーでしたので、とても楽しく、興味深く拝読しました。

引き続き更新を楽しみにしております。
季節の変わり目ですのでご自愛ください。
Swordsman
2013/10/03 21:55
Swordsmanさん
こちらこそ初めまして。当拙ブログをご覧いただき有難うございます。コメントいただくと、更新の励みになります。

実は私も「出戻り」でして、本格的に回帰したのはここ10年弱くらい、といった処です。子供らも大きくなり、自分の時間が取れるようになった事が大きいですね。あと、やはり倶楽部への参加が何よりの刺激となり、今に至ります。

殆ど日の丸対戦機ばかり、考証や製作も、結構いい加減なブログでございますが、お楽しみいただけたら幸いに存じます。

昔と違って、今は情報もあらゆるところから仕入れられ、工具や塗料のマテリアル類も随分発達してますので、モデラーにとっては有り難い事です。でも、スケールモデルは手もかかるので、実情は絶滅寸前だったりも致します。子供らも、他に手軽に楽しめる事が沢山有るので、こんなメンドーな事は、あまりやりたがりません(苦笑)

現在零戦62型を製作中でありまして、近々アップできると思います。宜しかったらまたご覧下さいませ。

コメントありがとうございました。
oni
2013/10/03 22:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
A6M2-K 零式練習戦闘機11型 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる