日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS G4M1 一式陸攻ベティさん(大陸迷彩)

<<   作成日時 : 2013/07/11 13:58   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

皆さまこんにちわ。すっかりご無沙汰しておりましたが、今回は大物やってたので、更新が遅れました。
画像

お題はこちら。タミヤの一式陸攻ベティさんでございます。基本ヨンパチ単発国産キットなら、二週間強くらいで作るのですが、流石にモノがでかいので、今回は一カ月以上かかりました。梅雨入りと同時に始めて、明けと同時に終わったって感じです。特に塗装には天敵の季節柄なので、別の季節にやれば良かったと思います(笑)
画像

では製作でございます。今回は一番メンドーな工程になるであろう、窓枠だらけのマスキングから始めました。枠がはっきりモールドされてるので、切り出し自体は楽ですが、これだけ窓の数と枠が多いと、のっけからやる気を無くします。当時の日本の工業力に恨み節(笑)
画像

次はいつもの通り、機内をヤッツケていきます。塗ってしまった後に聞いたのですが、何でもこの型は操縦席以外は「青竹色」なんだとか・・・・・。いきなり間違ってますね、はい。
画像

「ま、いっか(・∀・) 」といつものテキトーさを発揮して(苦笑)まずはコクピットを組みます。追加はレバー類の作り直しとシートベルトの追加、そして座席の肘掛ぐらいで済ましました。
画像

で、ココで気付いたのですが、このキット。機内艤装は「ヲイ!」と言いたくなるほど、相当に端折ってあります。仕方がないので、色々追加品を作る事になりました。
画像

↑は「ク式無線帰投方位測定器」のユニット一式。言われるまでも無くショボイ出来です。すみませんねぇ・・・。
画像

画像

後部ドアを作ったり途中の遮風カーテンを追加したり・・・・・
画像

画像

あとは多座機には必須のアイテム「便所」です(笑)位置的にはこの辺↓(左後方の小窓下)になりますが、機体組んだら一切何にも見えません。
画像

あとは端折ってあるであろう艤装品を色々でっち上げてくっつけます。いずれの品物も、胴体貼り合せたら、な〜ンにも見えません。敢えてやる必要は全く無いんですね、コレが・・・・。でも、「便所」は付けときたかったです。変態ですな。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

同じ一式陸攻11型でも、途中色々改修を受けてる様で、やってて訳が解らなくなります。なので、これらの画像は何の参考にもなりません、念のため。
画像

でも、「便所」は大切(笑)場所もこれだけは間違いないと思います。って、何処に力入れてんだか・・・・(・∀・)
画像

尾部20_機銃の予備弾倉置き場も作ってみました。弾倉は月光のジャンクパーツからコンバート。ちなみにコレも、組んでしまうと全く見えません。
画像

甚だ怪しい形状ですが、九八式隊内無線機も付けてみました。当然後で見えなくなります。無駄と言えば無駄な工作の連続です。
画像

さて、胴体貼り合せる前に、最後に便器に座ってもらいましょう(笑)この後貼り合せるので、「サヨナラ便所
でございます。
画像

じゃ、貼り合せましょう。中身はいい加減な、無駄工作だらけとなりましたとさ。
画像

さあ、次はいよいよリベット苦行です。何せ面積が、単純計算で単発戦闘機の4倍近くなりますので、これはかなりの難行となりました。
画像

画像

画像

途中行程端折ってますが、ようやく生地完成。腱鞘炎になるかと思いましたわ(笑)一体何発打ったんだろ?数えとけば良かったかな・・・・?って、んな事しませんがな。
画像

零戦と比べてみます。成程でかいです。鋲打ちに手間がかかる訳ですな。
画像

それでは塗装と参りましょう。今回は完成後の置き場も考えて(何せデカイので)各部をバラした状態で塗装しました。各継ぎ目に隙間が出来ない優秀キットなので、出来る事です。この辺り、流石はタミヤですね。塗装も楽です。
画像

下面銀を吹き・・・・・今の時期、何とも湿気が酷いので、カブリが怖いです。塗装部屋にはエアコン無いので、吹くなり隣のエアコン全開の部屋まで速攻移動。無駄な努力か?
画像

う〜ん・・・・少し白カブリしてますかね?
画像

次に上面2色吹き。下面のマスキングが大面積故、大変でしたので、上面は「まぁ、単純なパターンだし・・・」とフリーで吹きました。
画像

さて、このキット。作った事がある方はご存知かと思いますが、主翼下面の取り付けピンが非常に目立ちます。翼を完全固定にするなら、ココは消せますが、収納の事を考えると、妥協せざるを得ませんでした。置くトコ無いんだもん(T_T)
画像

今回は「雷装」としたので魚雷を作ります。抱締索をでっち上げました。
画像

7.7_機銃。上がキット付属の機銃パーツ。タミヤにしてはショボ過ぎます。そんな訳で写真下のハセのジャンクパーツからコンバート。随分と違うモンです。
画像

あとは天蓋に遮光カーテンなどをテキトーに取り付けまして、
画像

あざとさ満載の(笑)剥げチョロかましたら、ようやく完成でございます。例によってズタボロ感が満々なのですが、私の「中攻」に対するイメージはコレなんですよね。
画像

何でも当時、話によりますと、陸上機は艦上機と違って、下塗りせずに直に金属上に塗料吹いてたとか・・・・。そりゃ剥げますわなと。
画像

それではズタボロベティをご笑覧下さいませ。今回もお付き合い、ありがとうございました。それにしても暑いですねぇ・・・・。
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

色々粗と出鱈目が有りますが、ご了承下さいませね。
画像

画像

画像

画像

それでは、またお会いしましょう。これから猛暑のシーズンですが、皆様お身体お気をつけ下さいませ<(_ _)>





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
画像
G4M1 一式陸攻ベティさん(大陸迷彩) 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる