日の丸ヒコーキ製作工房

アクセスカウンタ

zoom RSS 二式複座戦闘機「屠龍」丙型前期 突出37ミリ砲、ズド〜ン(笑)

<<   作成日時 : 2012/05/23 20:36   >>

面白い ブログ気持玉 16 / トラックバック 0 / コメント 5

皆さまこんにちわ。今回は久しぶり・・・と言っても2ヶ月ぶりぐらいですが、日の丸に戻ります。

ここ暫くのアクセス数を見ている限り、作り手が悪いのか、旅客機は人気がありません(´・ω・`)

さて、前回、前々回と旅客機続きで平和ボケしてましたので(笑)今回は自分に気合を入れる為にも、一番メンドーな「双発・複座」です。お題は「屠龍 丙型前期型」、37ミリ砲「ホ-203」が機首から突出した機体です。そう言えば、ココ半年ばかり「零戦オンリー」だったので(苦笑)陸軍機はホント久々ですね。
画像

とは言っても、キットは素性の良いモノなので、それ程苦労する事もありません。数箇所の「ハセトラップ」をこなしさえすれば、一ヵ月弱で完成です。ただ、今回目指した「ミミズが這った様な蛇行迷彩」は、まだまだエアブラシ取扱の精進が必要です。
画像

参考資料は↑くらいのモンで、あまり多くはありません。まあ、これ以上詳細な物が有ったとしても、それを再現する技量は持ち合わせてませんので、これぐらいが丁度良いです。
画像

流石は双発複座・・・・。まずパーツの多さにウンザリしますねぇ(苦笑)
画像

画像

まずは定石通り室内から作ります。丸メカや世傑見ながら、テキトーにコクピットをでっち上げますわよと。
画像

どうせ風防被せれば見えなくなるので、結構手ぇ抜いてます。色も怪しいなぁ・・・。
画像

で、あっという間に機体外形が出来上がります。概ね3日、という所でしょうか。
画像

画像

画像

後は久々に「写経」を施し、下地完成です。で、ここでこのキット最大の「ハセトラップ」。
画像

画像

ご覧の様にこのキット。下面のフラップラインが全然違います。ここは修正がどうしても必要ですね。設計段階で、もちょっとどうにかならんかったのか?と思います、はい。
画像

閑話休題。この屠龍という戦闘機、双発としては結構小振りです。似たような機体の海軍版「月光」と比べても一回り小さいですね。斜め銃しか武装が無い「月光」に対して「屠龍」は機首にも武装があるので、戦闘方法もおのずと変わってきます。その機動性も当然小振りな「屠龍」の方が「双発機としては」良かったそうで・・・・。
画像

も一つこのキットのウイークポイント。エンジン前面の環状冷却器が肉厚すぎ、どうしてもショボク見えます。かと言って、スクラッチする技量も気力も私にはござんせんので、薄く見えるように削り込んで誤魔化します。
画像

ま、この程度で許して下さいませ。
画像

さてさて、次はいよいよ楽しい楽しい?塗装です。
画像

下地の塗装が完了したら、ミミズが這った様な蛇行迷彩、いわゆる「ゲロゲロ迷彩」で飾ります。
画像

画像

画像

勿論インストの塗装図と同じ様になど吹けんので、フィーリング(笑)で吹いていきますが、中々どうして、イメージ通りにはなりません。ホントはもちょっと細いラインが欲しかったのですが、己の技量の限界を思い知るだけでした(苦笑)エア圧を思い切り下げ、ニードルも精一杯絞って、コンマ2のハンドピースで吹くのですが、これがなかなか・・・。
う〜ん・・・ドイツ機のミラーウェーブや、イタ機のピーマン迷彩出来る方って、ホント凄いですわ。
画像

画像

これ以上は諦めて、マスクを剥します。吹き零れも殆ど無く、概ね上手く行きました。しかし「陸軍本土防空部隊」の標、白帯に日の丸・・・・。あまりに目立ちすぎ、これじゃあ「迷彩効果」は完全に減殺されてしまいますねぇ・・・。
画像

あとはデカール貼って、クリアを吹いて磨いて、それからちょっとばかり?汚したら、各部を組んで完成となります。
画像

脚庫内は、キットのままじゃ、ちょっと寂しかったので、ハーネス類やらをテキトーにでっち上げております。嘘八百なので(笑)何の参考にもなりません。テキトーにゴチャゴチャしてれば良いかな?と・・・・。まあ、一応仮に、脚を引っ込めても、タイヤと支柱が各部に干渉せぬ様には考えてはおりますが。
画像

それでは完成でございます。あちこち粗を探してみてください(笑)色々有りますよ♪
画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

画像

ハセからヨンパチ屠龍が発売され早数年、これでようやく本土防空という重き荷を背負った、主だった所の「屠龍」装備の各戦隊機をコンプリートできました。ちなみにB-29が来攻して来た当初は、今回作った4戦隊の練度が一番高かったみたいです。開隊以来外地に出ず、ひたすら重爆邀撃を主任務として演練してましたからね。多くのB-29キラーを生み出した「栄光の4戦隊」です。
画像

まずは帝都防空、千葉は松戸の53戦隊機。
画像

そして中京防空、愛知は清洲の5戦隊機。
画像

最後に今回の北九州防空、小月の4戦隊機でございます。あ〜、この道のりは長かったです(笑)
画像

画像

画像

それでは皆さま、また来月お会いしませう。次は何作るかな?(・∀・)
















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 16
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
初めまして。
いきなり失礼なのですが、参考書物のタイトルを教えていただけないでしょうか?

屠龍好き
2012/06/21 21:43
屠龍好きさん
はじめまして。当ブログをご覧いただきありがとうございます。

さて、お尋ねの件ですが、「世傑・屠龍」と「丸メカ」。そして、KOEIから出てる「日本陸軍戦闘機隊」といったところでしょうか。あとは渡辺洋二氏の文庫本「双発戦闘機屠龍」てな所です。ご参考になれば幸いです。

あと、樫出氏の戦史本「B-29撃墜記」なども読んでるとモチベが上がります(笑)
oni
2012/06/23 23:09
ありがとうございます!
屠龍好き
2012/07/04 22:45
信じてもらえないかもしれないですが、うちのじいちゃんが屠龍に載ってたらしいです。昨日そのじいちゃんが死んでしまったので、整理してて知りました。
名無しさん
2013/01/31 14:03
名無しさん
まずはお悔み申し上げます。ご遺品の整理中にお写真でも出て来たのでしょうか?もしそうでしたら貴重な物となりますので、どうぞ大切にされて下さい。
oni
2013/01/31 17:48

コメントする help

ニックネーム
本 文
画像
二式複座戦闘機「屠龍」丙型前期 突出37ミリ砲、ズド〜ン(笑) 日の丸ヒコーキ製作工房/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる